海外は無免許でOKってマジ!? 知られざる超小型モビリティの世界【未来モビリティ総研】

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部 木村 剛大
画像ギャラリーはこちら
近い将来、来たるCASE社会を見据えて、世界各国の自動車メーカーが超小型モビリティのコンセプトモデルを発表している。実用化は程遠いと思いきや、中国やヨーロッパではすでに人気を博しているという。今回はそんな知られざる超小型モビリティについてご紹介する。

>>あのN-BOXの半額!? 超小型モビリティの安すぎる維持費を表で確認

目次[開く][閉じる]
  1. そもそも超小型モビリティってなに?
  2. 海外ではすでに庶民の足として活躍!
  3. 日本での普及はまだまだ先……
  4. 国産勢よりも一足お先に中国メーカーが上陸!?

そもそも超小型モビリティってなに?

超小型モビリティとは排気量の小さなエンジンやモーターを積んだシティコミューターのこと。一般的な“クルマ”よりもエネルギー消費が少ないことから注目を集めており、カーシェア・配達・新しい移動手段・普段の足といった各方面での活躍が期待されている。

ちなみに、安全性の問題などから高速道路での使用は認められておらず、原則として一般道専用である。

あの名車をEVに!? おもしろカーがいっぱい♪ 東京モーターショー2019に登場した超小型モビリティたちはコチラ▼

海外ではすでに庶民の足として活躍!

日本ではまだまだ見かけないが、海外では様子がかなり違う。

欧州や中国では免許を必要としない※こともあって、すでに“庶民の足”として生活に浸透している。事実、原チャリ代わりに“主婦の買い物の足”や、あるいは“子どもの送り迎え”などと、かなり“ふつー”に普及しているのだ。

※国によって様々だが、14〜16歳以上であれば運転が認められている地域も。

イタリア製の超小型モビリティはやっぱりオシャレ!? ヨーロッパで大活躍の超小型モビリティはコチラ▼

日本での普及はまだまだ先……

とはいえ我が日本でも、着々と超小型モビリティは普及が進んでいる。

全国のセブンイレブンの配達カーとして活躍しているトヨタ車体のコムスや、日産が横浜市で実証実験を行っていた“チョイモビ”など、目にしたことがある方も多いだろう。

セブンイレブンの商品を配達しているコムスの詳細はコレだ▼

普及には時間がかかるものの、東京モーターショー2019でトヨタが市販間近のコンセプトモデルを発表するなど、実用化に向けて開発を進めている真っ最中。

国産勢よりも一足お先に中国メーカーが上陸!?

実は超小型モビリティ社会のセンパイである中国から、MINI beというクルマが日本に上陸を果たしている。価格は125万円と軽自動車並みだが、自動車税や自賠責保険などの維持費は、軽自動車よりも安いのは超魅力的。

ちなみにクルマの維持費が気になった方はコチラも併せてチェック!

しかもスマホとBluetooth(ブルートゥース)で接続して通話や音楽も楽しめるなど、装備は最近の“クルマ”と遜色ないのだ。維持費などのランニングコストを考えると、“次世代の庶民の足”として人気を博す可能性もある。近い将来、日本でも街中で超小型EVが走り回る日もそう遠くないかもしれない。

毎週月曜日は未来モビリティ総研の日!

休み明けであまりやる気が出ない月曜日……。そんなあなたもワクワクしちゃうような未来のクルマ社会を紹介します。 昼休みに同僚に話すのもよし! 酒の肴にするのもアリ! といったイメージで、楽しい未来をマジで考えてしまおう♪ という企画です。

来週は軽自動車や原チャリの代わりとなりうる超小型モビリティMINI Beの導入秘話をご紹介。装備や購入方法、さらにはどんな人が買うの? など気になる真相を解明する!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる