ニュルブルクリンクって何がスゴいの?|自動車メーカーがニュルを使う理由とは(1/2)

世界のどこにも存在しない唯一無二の存在

ドイツ・北西部にあるサーキット「ニュルブルクリンク(通称:ニュル)」は、1周約5.1kmのグランプリコースと1周20.8kmの北コース(ノルドシュライフェ)と2つのコースがあるが、北コースには世界の主要自動車メーカーは足しげく通う。

そもそも、自動車メーカーは自前で巨大なテストコースをいくつも持っているし、サーキットならば各国にインターナショナル級のコースはたくさん存在する。ちなみにニュルのコースサイドは誰でも簡単に行けるのでスクープもされ放題である。なぜ、彼らはそんなリスクを冒してまでニュルに来るのだろうか?

>>過酷なコースであるニュルブルクリンクを画像で見る[フォトギャラリー]

その答えは非常に単純で、このようなコースは世界のどこを探しても存在しないからだ。まず1周20.8kmと一般のサーキットと比べて距離が長い。ちなみに富士スピードウェイが4.6km、鈴鹿サーキットが5.8kmと比べるとそのスケールの違いが解るはず。ちなみにスタート地点は快晴でもコース中盤は豪雨と言うような天候の差も。

一方通行の荒れたワインディングのよう

また、主要サーキットの多くは路面がフラットな上に安全性のためにエスケープゾーンも多く用意されているが、ニュルは山間部の高低差をそのまま利用して作られており、サーキットと言うよりも「一方通行のワインディング」と言ったレイアウトである。

標高差300mはアップダウンと言うより「空に向かって」、「崖の下に向かって」と言うような感覚で、170を超えるコーナーは低速から超高速域のスピードレンジでジャンピングスポットはもちろん、先が全く見えないブラインドコーナーも存在。更にコース上のどこにも平らなところがない」と言われるくらい路面が波打っており、埃っぽく滑る。

もちろん、自動車メーカーのテストコースにはニュルの路面を模した所もあるにはあるが、長年使われて自然に荒れた路面とは違う。

生きた道を走らなければいいクルマにはならない|自動車メーカーがニュルを使う理由とは[次ページに続く]

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる