MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム メーカー純正ホイール、なぜ重い?

自動車評論家コラム 2019/8/13 16:08

メーカー純正ホイール、なぜ重い?

Text: 永田 トモオ
なぜ純正ホイールは重いのか?【コラム】
Jeep Wrangler(ラングラー)/Renegade(レネゲード)に海の雰囲気を演出した特別色の限定車「BIKINI Edition」登場BMW 新型Z4 M40iベントレー100周年記念マツダ CX-8画像ギャラリーはこちら

やっぱり重いの? メーカー純正ホイール

ムカシからいわれていることだが、自動車メーカーの純正アルミホイールは重い。そしてそれは、大体において事実といえる。とはいっても、自動車メーカーが、アフターマーケットのスポーツホイールのように軽いものを作れないということではない。

自動車メーカーが、こぞって純正アルミホイールを純正採用するようになった1980年代からすでに30年以上。今や純正ホイールのデザインは、市販ホイールと変わらないくらい洗練されてきているし、新型スープラのように、スポーツホイール並みに軽い純正ホイールだって、いくつも送り出されている。

>>軽そう? それとも重そう? さまざまな純正ホイール[フォトギャラリー]

自動車史的な例をあげれば、R32型日産スカイラインGT-Rの純正16インチホイールは、当時最新の鍛造製で軽さと強さが評判だった。また、FD3S型こと二代目マツダRX-7の純正ホイールは、世界最軽量の16インチを誇っていた。つまり90年代には、1ピースホイールに限れば、市販ホイール以上に軽量な純正ホイールを作っていたのだ。

重さはやっぱりデメリットなの?!

Jeep Wrangler(ラングラー)/Renegade(レネゲード)に海の雰囲気を演出した特別色の限定車「BIKINI Edition」登場BMW 新型Z4 M40iベントレー100周年記念

ではなぜ、そこまで軽さとデザイン性を高められたのに、いまだに重いといわれるままなのか?

これもムカシは「軽いホイールを作るとコストがかかり、結果クルマの値段が高くなるから」などと言われたものだ。もちろん、その通りだとは思う。しかし、現在は少し事情が変わっていて、軽さや運動性よりも、乗り心地や快適性を自動車メーカー重視するようになった結果ともいわれている。つまり、軽いホイールは走りのすべての面で優れているわけではないということだ。

確かに軽いホイールは、速く走るにはメリットが大きい。同サイズのホイールならば、軽いほど回転の立ち上がりが速くなるから、発進加速は速くなる。同じように、軽いほど回転落ちも速いから、ブレーキへの負担も小さくなるという理屈だ。

また、軽いホイールほどサスペンションが速く動かせるから、路面への追従性が高くなり、ドライバーへのインフォメーションも増える。これもよくいわれていることだ。だから軽いホイールは、走り好きには欠かすことのできない高性能の代名詞なのだ。

ただし、これらのメリットは、ユーザーによってはデメリットになることもある。とくに、ドライバーへのインフォメーションがちょっと問題だ。

路面への追従性が高まり、インフォメーションが増えるということは、それだけ運転で細かな気遣いが増えるということでもある。軽いホイールほど、路面からの突き上げや、舗装のざらざら感など、重いホイールでは気にならない程度の情報が、ステアリングなどからしっかり伝わってくるようになるのだ。これがスプリントレースなら優れたマシンなのだが、一般道を長時間走るような場合では、気持ちと体を疲れさせるマイナス要素になってしまう。

乗り味も、安全マージンも考えての設定

BMW 新型Z4 M40i

だから、自動車メーカーは、必ずしも純正ホイールに軽さだけを求めてはいない。市販ホイール以上の安全のマージンも考えなければならないし、そのクルマのターゲットユーザーを意識して純正ホイールの仕様を決めているのだ。輸入車では、ホイールとタイヤ、サスペンションのトータルで、日本仕様の乗り味を決めているメーカーもあるくらいで、国産メーカーのそれも推して知るべし。その点からいっても、これから先も「純正ホイールは軽くない」というお約束は、当分変わることはないだろう。

[筆者:永田 トモオ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR