【スクープ!】BMWブランド初のFFモデル「2シリーズ アクティブツアラー」を早くも日本の公道で捕獲!

  • 筆者:
【スクープ!】BMWブランド初のFFモデル「2シリーズ アクティブツアラー」を早くも日本の公道で捕獲!
BMW『2シリーズ アクティブツアラー』日本の公道を走っている様子 BMW『2シリーズ アクティブツアラー』日本の公道を走っている様子 BMW『2シリーズ アクティブツアラー』フロントエクステリア BMW『2シリーズ アクティブツアラー』エクステリア 画像ギャラリーはこちら

コンパクトなMPV 「2シリーズ アクティブツアラー」

BMW『2シリーズ アクティブツアラー』日本の公道を走っている様子
BMW『2シリーズ アクティブツアラー』フロントエクステリアBMW『2シリーズ アクティブツアラー』インテリア

「ジュネーブモーターショー2014」において、ワールドプレミアされたBMW「2シリーズ アクティブツアラー」を早くも日本の公道で目撃!

BMWブランド初のFFモデルということで、話題となったBMW 2シリーズ アクティブツアラーだが、市場投入に向けて日本の公道でテストが行われている模様。

全身カモフラージュ柄で覆われていたが、サイズとその車高の高さから、BMW2シリーズアクティブツアラーであることは間違いないだろう。

メルセデス・ベンツ Bクラスなどがライバルと目され、コンパクトでありながら、FFレイアウトによって広いキャビンに利便性の高いラゲッジルームを備える点が特長。ひと味違うプレミアムなファミリーカーを求めるユーザーから支持を集めそうな1台だ。

本国で設定されているエンジンは、3気筒の1.5Lターボ、4気筒の2.0Lターボ、4気筒の2.0Lターボディーゼルの3種類だが、日本でのバリエーションは未定だ。

◎関連記事:BMWコンセプトアクティブツアラーアウトドア(新型2シリーズアクティブツアラー)コミュニケーションマネージャーインタビュー/まるも亜希子

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW 2シリーズクーペの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 2シリーズクーペのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 2シリーズクーペの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 2シリーズクーペの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 2シリーズクーペのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる