BMW BMW コンセプト アクティブツアラー アウトドア(新型2シリーズ アクティブツアラー)コミュニケーションマネージャーインタビュー/まるも亜希子

記事・レポート 特集 イベントレポート BMW コンセプト アクティブツアラー アウトドア(新型2シリーズ アクティブツアラー)コミュニケーションマネージャーインタビュー/まるも亜希子

BMW コンセプト アクティブツアラー アウトドア(新型2シリーズ アクティブツアラー)コミュニケーションマネージャーインタビュー/まるも亜希子 (1/2)

BMW 車種情報

Text :
Photo:
島村栄治
BMW コンセプト アクティブツアラー アウトドア(新型2シリーズ アクティブツアラー)コミュニケーションマネージャーインタビュー/まるも亜希子

BMW初のコンパクトMPVモデル

2014年3月4日からスタートする「ジュネーブモーターショー2014」において、BMWは『2シリーズ アクティブツアラー』をワールドプレミアすることを発表した。100%BMWとしては初のFFモデルであり、コンパクトなMPV(マルチパーパスビークル:多目的用途に適したハイトワゴン・ミニバンの類)としても初ということで注目必至のモデルだが、実はこの最終段階とも言える『コンセプト アクティブツアラー アウトドア』が、去る11月の 東京モーターショー2013 でワールドプレミアされている。この新たなチャレンジとも言えるモデルの開発に至った経緯や想いなどを、コンセプト アクティブツアラー コミュニケーション担当マネージャーのベトラム・シュネック氏にインタビューすることが叶った。

BMW コンセプト アクティブツアラー アウトドアは、BMWらしい精悍で洗練されたフロントマスクを持ちながら、全長を4.5m以下に収めたコンパクトサイズにやや高いルーフラインとリアゲートを備えるコンパクトMPV。

リアシートの居住性も意識した広い室内に加え、ラゲッジには自転車が2台収まり、その積み込みが容易にできるリフト機能などのアイデアも盛り込まれ、名称の通りに「アウトドアレジャー」のエッセンスがプラスされたモデルだ。自然の中にも馴染むオレンジブラウンのボディカラーが鮮やかで、BMW伝統のキドニーグリルはメッキバー1本1本の光の反射までも、計算されたデザインだという。初のFF、初のMPVといえども、デザインには手を抜かない。そんな想いが伝わってくるようだ。

スモールアウトサイド、ビッグインサイド

まずシュネック氏に伺ったのは、なぜ今、BMWがこうしたコンパクトMPVを発表することになったのかということ。

シュネック氏が開口一番に語ったのは、「私たちは常に、ユーザー重視でのクルマづくりをしていることに変わりはありません。お客様はクルマに何を求めているのか、何が大事なのか、さらには何が欠けていて何が不可欠だと考えているのか。そうしたことを入念に調査してきました」ということだった。

これには私を含め、ちょっと意外な印象を受ける人が多いのではないだろうか。BMWのクルマづくりは、独自の哲学を貫き、ユーザーが求めるものを提供するというよりは、予想もしないような新しいものを生み出し、それをユーザーに定着させるような、そんなイメージが強くあると感じていたからだ。

しかしシュネック氏は、「BMWは常にユーザーの要望に応えなければいけないと考えていのるよ="150" <ければいけないと考えていのるよ="150" <ければいけないと考えていのるよ="150" <ければいけないと考えていのるよ="150" <ければ。何-->