一年中履きっぱなしでも大丈夫|オールシーズンタイヤ「トーヨー セルシアス」試乗レポート(3/4)

  • 筆者: 飯田 裕子
  • カメラマン:トーヨータイヤ
画像ギャラリーはこちら

新型RAV4にセルシアスを装着してテスト!

今回はスタッドレスタイヤであるウインタートランパスTXとセルシアスをトヨタ RAV4(4WD)に装着しての比較走行をした。試乗前に見比べてもまずトレッド面にサイプがいっぱい刻まれているスタッドレスのウインタートランパスTXのほうが柔らかい印象で、それに対してセルシアスは主溝とブロックも際立って力強い印象がある。なかでも一番の違いはOUT側のショルダーブロックのガッシリ感だった。

サイプの本数が圧倒的に違うのは、TXはスタッドレスなのでアイス性能をベースに考えられている。アイス路面での摩擦力を稼ぐために圧倒的な接地面積を確保。繰り返しになるが、セルシアスは欧州中心の設計。アウトバーンの200~300km/hの速度域でもハイドロが起きないように主溝のボリュームが確保されているため、考え方の違いから見た目の印象も違うのだ。ゴムの硬さは配合も含めてコンパウンドが違うので、実際の硬度もTXのほうが柔らかい。

確かに氷の路面は他のオールシーズンタイヤ同様に苦手だが

実際に比較試乗をしてみた印象はというと、やはり性能の違いは開発者の狙い通りというだろう。そもそもオールシーズンタイヤは雪道はOKだが氷が苦手。そして舗装路のドライ/ウエットもカバーするタイヤであり、冬専用タイヤではないことを念頭に置いてお読みいただきたい。

トーヨータイヤのテストコースの走行順路がツルツルの氷盤路から始まるので、最初にこれまでも聞いていた「オールシーズンタイヤは氷が苦手」をまず体験できた。スタッドレスが18~20km/hくらいで走る・曲がる・止まるをそおっとすればタイヤが応えてくれるのに対し、オールシーズンタイヤは10キロ以下でも歯が立たない状況。ただ雪上やビシャビシャのシャーベットはスタッドレスより性能は劣るものの「よく走りますねー」を何度つぶやいたことか。

トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
274.3万円402.9万円
中古価格:
50.9万円536.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる