MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ミシュラン コンフォートタイヤ「プライマシー4」試乗|穏やかに、かつ正確に

試乗レポート 2019/7/2 17:41

ミシュラン コンフォートタイヤ「プライマシー4」試乗|穏やかに、かつ正確に(1/3)

Text: 菰田 潔 Photo: 渡 健介
コンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4」(ミシュラン プライマシー4) テスト走行
コンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4」(ミシュラン プライマシー4) テスト走行コンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4」(ミシュラン プライマシー4) テスト走行コンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4」(ミシュラン プライマシー4) テスト走行コンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4」(ミシュラン プライマシー4) テスト走行画像ギャラリーはこちら

ドライバーの意思に忠実に反応してくれるタイヤこそ理想の姿

筆者は学生時代から始めたレーシングドライバーを経てタイヤのテストドライバーになったが、いまはモータージャーナリストが本業になった。もう一方で、免許を持ったドライバーのための安全運転スクール「BMW Driving Experience」のチーフインストラクターも1989年から30年も続けている。

そんな運転にこだわった長年の職業経験から、一般道を走る乗用車用の理想のタイヤはどんな特性が良いか? と問われれば、「ドライバーの意思に忠実に反応してくれるタイヤ」と答える。ドライバーに忠実ということは、操りやすいということで、気を使わずに走ることができる。操りやすいということはいざというときの危険回避能力も高まるから、安全性を高めることにも繋がる。

>>様々なシチュエーションで行われたタイヤテストの模様を画像で見る

乗用車でもレーシングカーでも、タイヤに求める性能の本質は同じ

実は最近のレーシングタイヤも過敏ではなく、どちらかというと穏やかになっている。

2018年の8月にオーストリアのレッドブルリンクでBMW M Track Trainingを受講した。BMW M4 GT4というマシンを使ってサーキットをレーシングスピードで走るトレーニングなのだが、このマシンが履いていたのがミシュランのレーシングスリックタイヤだった。これは操るのが難しいだろうなと昔の経験から予想していたが、走り始めるとその穏やかな反応とわかりやすいグリップによってすぐにアクセル全開で走れるようになった。もしこのタイヤの反応が鋭く、ちょっとハンドルを切っただけでピュッと曲がってしまったら、手に汗をかきながらマシンと格闘していたことだろう。

正確に操るため、強いては速く走るためにも、レーシングタイヤでさえハンドル応答性もグリップの変化も穏やかな方が良いのだ。

その特性は一般道を走る乗用車用タイヤならなおさらで、応答性の穏やかさと正確性は必須条件といえる。これは長距離ドライブでも疲れないというメリットも生む。

そんな視点で、最新の乗用車用コンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4(ミシュラン プライマシー・フォー)」に試乗してみると、正に現代風の穏やかで正確な反応をするタイヤであることがわかった。

では具体的にミシュラン プライマシー4を試乗したときの印象をお伝えしよう。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR