ルノー 新型 カングー ゼン 6MT[1.2ターボ] 試乗レポート/藤島知子(1/4)

  • 筆者: 藤島 知子
  • カメラマン:茂呂幸正・オートックワン編集部(カングージャンボリー会場)
ルノー 新型 カングー ゼン 6MT[1.2ターボ] 試乗レポート/藤島知子
ルノー カングー ゼン 6MT[ボディカラー:ブルー エトワールM] ルノー カングー ゼン 6MT[ボディカラー:ブルー エトワールM]  ルノー カングー ゼン 6MT[ボディカラー:ブルー エトワールM] ルノー カングー ゼン 6MT[ボディカラー:ブルー エトワールM] 画像ギャラリーはこちら

気になる新エンジンと6MTの走りをフジトモが速攻チェック!

【第6回 ルノー カングージャンボリー 2014】会場の模様 18

欧州車には、長年愛され続けるロングセラーモデルが存在する。中でも趣味人に、感度が高いファッション関係者、ファミリー層やアウトドア派までの幅広いユーザーに認知され、熱烈な支持を受けるニッチなモデルが「ルノー カングー」だ。

2代目カングーは2013年8月にルノーの新しいデザインコンセプトに沿う形で表情が一新されたが、2014年5月、もともとあった105馬力の1.6リッター自然吸気エンジン×5速MTと4速ATの仕様に加わる形で、4代目ルーテシアに採用された直列4気筒 1.2リッター直噴ターボに6速マニュアルトランスミッション(MT)を組み合わせた『ルノー カングー ゼン 6MT』が登場した。発表直後に富士の麓で開催されたカングージャンボリー 2014の会場には、各世代のカングーオーナーたちが集結したが、『新エンジンと6MTの走りが気になる!』と注目するファンが多かった。

フジトモ、秘密の告白・・・

ルノー カングー ゼン 6MT

ここで告白すると、かく言う私も『いつかはカングー!』と夢観る一人である。お洒落で走りが楽しい輸入ハッチバックモデルの醍醐味を一度味わってしまった身としては、スペースを必要としたモデルを選ぶ上でも、実用性プラスαの魅力が欲しくなる。その点、カングーは使い手の想像力を膨らますクルマというのがユニークだ。

カングーのボディサイズは全長4280mm、全幅1830mm、全高1830mm。全体として、背が高く幅は大きめだが、両側スライドドアをもつ2列シート+広大な荷室スペースに観音開きのバックドアをもつパッケージングは、相当量の荷物が積め込めて、あらゆる用途に対応できそうだ。

[次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
藤島 知子
筆者藤島 知子

通称「藤トモ」。スーパー耐久のレースクイーンを経験後、軽自動車レースに参戦したことがきっかけで様々なレースに参戦。レースで培った技術と女性ならではの視点が魅力の女性モータージャーナリスト。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ルノー カングーの最新自動車ニュース/記事

ルノーのカタログ情報 ルノー カングーのカタログ情報 ルノーの中古車検索 ルノー カングーの中古車検索 ルノーの記事一覧 ルノー カングーの記事一覧 ルノーのニュース一覧 ルノー カングーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる