いつの間にこんな格好良くなってた!? 帰ってきたオペル、日本のラインナップを全部見せ【外車のススメ】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
2020年3月、ドイツ・オペルが日本への再上陸を発表しました。どんな車種が導入されて、どこで買うことができるのでしょうか。

>>懐かしいヴィータから最新モデルまで! オペルのラインナップを画像で改めて見てみる!

そこで今回は気になる「新生オペル」についてまとめてみました。

目次[開く][閉じる]
  1. 新生オペル、どこで買えるの? いつから買えるの?
  2. 一世を風靡したコンパクトカー“オペル ヴィータ”が帰ってくる!
  3. カングーに強敵現る! 売れ筋ミニバン「コンボライフ」
  4. コンパクトSUV「グランドランドX」は、このクラスの台風の目になるかも?
  5. オペルってどんなメーカーだったの?
ヴィータの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

新生オペル、どこで買えるの? いつから買えるの?

以前は日本にも正規輸入されていたドイツの「オペル」。戦前の1927年から販売を開始した由緒正しき輸入車メーカーで、1990年代に輸入元がヤナセとなった際、ピーク時には年間3万8千台以上を売り上げたこともあります。その後、ヤナセから輸入権を得たGM日本法人による価格見直しなどで販売数が減少したため、残念ながら2006年に日本市場から撤退してしまいました。

そして時は流れて2020年3月。プジョー・シトロエン傘下に2017年から入っているオペルが、日本への再上陸を発表したのです。

まずは東名阪エリアからスタートし、2023年頃までに全国展開へ

1931年にアメリカのGM(ゼネラルモーターズ)の完全子会社になったオペルは、長年GMグループの一翼を担ってきましたが、2009年のGM破綻によって、GMはオペルブランドを手放すことになりました。

そして2017年3月、プジョー・シトロエンを擁するグループPSAがオペルを買収……という経緯を経て現在に至ります。そのため、オペルの日本再発売は、基本的にPSA主導で進むことになっています。

まずは東名阪の主要都市を中心にオペルの販売拠点を開設。続けて2023年頃までに、全国各地の都市にオペルディーラーを展開すると予定です。そのため、PSAの日本法人・グループPSAジャパンでは、既存のプジョー・シトロエンディーラーを活用したオペルの販売網構築も進めているようです。

PSAの発表では、日本でのオペル発売開始は2021年夏以降とのこと。日本を含め、世界中が新型コロナウィルスの影響を大きく受けてしまいましたが、オペルの日本再上陸がスケジュール通りに進むといいですよね。

ラインナップにはSUVやカングーのライバルとなるモデルも

前述の通りオペルとGMの関係は深く、「GMの欧州部門」的なポジションを担ってきたため、従来のオペル各車はGM系技術で設計されていました。しかしグループPSAに入って以降は、ベース技術がプジョー・シトロエンに移行しており、日本導入が予定される新生オペル3車種は、PSA傘下で開発されたモデルのみを予定しています。その理由は、新しいオペルがプジョー・シトロエンと共通の部品や設計を共有しており、部品供給体制やメカニックの教育などに大きなメリットをもたらすためです。

では、さっそくその3車種を見てみましょう!

一世を風靡したコンパクトカー“オペル ヴィータ”が帰ってくる!

日本では1995年に発売開始したコンパクトカー「ヴィータ」は、シンプルでセンス良いデザイン・豊富な安全装備と戦略的な価格で、日本でもヒット作となりました。

実はヴィータは日本名で、本当の車名は「コルサ」。日本では2代目コルサ(コルサB。オペルでは伝統的にモデルチェンジごとにアルファベットが進みます)と3代目コルサ(コルサC)がヴィータとして販売されました。ちなみに初代コルサも「100i/130GT」として売っていましたね。

これまでコルサの名前が使えなかったのは、そう、以前トヨタに“コルサ”というクルマがあったため。日本再発売となるコルサは、どんなネーミングになるのでしょうか。

本国ではEV仕様も存在、日本仕様はどうなる!?

現行型コルサは2019年登場の6代目・コルサFです。当初はオペル=GM主導で開発が進んでいましたが、オペルがPSA傘下入りしてから、プラットフォーム・エンジンを含めほとんどがプジョー・シトロエン系技術ベースに変更されています。日本に入ってくるグレードは未定ですが、本国では1.2リッターガソリン、1.5リッターディーゼル、さらにはEV(電気自動車)がラインナップされていることから、ひょっとしたらEV版も用意されるかもしれません。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

オペル ヴィータの最新自動車ニュース/記事

オペルのカタログ情報 オペル ヴィータのカタログ情報 オペルの中古車検索 オペル ヴィータの中古車検索 オペルの記事一覧 オペル ヴィータの記事一覧 オペルのニュース一覧 オペル ヴィータのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる