オペルがまさかの再参入!? 日本市場でリベンジを図る理由とは?

  • 筆者: 竹花 寿実
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2006年に日本市場から撤退したオペルが、2021年に再び上陸する。最盛期には日本国内で年間3.8万台も売り上げるほど人気だったものの、徐々に販売台数を落とし撤退となった歴史がある。そのオペルが再参入する意図とは?

>>これは売れそう! オペルのSUVグランドランドXはコレだ

目次[開く][閉じる]
  1. GM時代は欧州のみ→これからは再び世界で勝負
  2. 中国市場よりも先に日本へ! その理由は?
  3. 具体的な施策はまだ……
  4. 品質も大幅アップでクルマはかなりイイ!?

GM時代は欧州のみ→これからは再び世界で勝負

今回オペルが日本市場へ復帰する背景には、オペルの経営ビジョン「PACE!」がある。「持続的な収益」、「電動化」、「グローバル」が3本の柱であるこの経営ビジョンは、2017年のPSAによる買収後に策定されている。

つまり、それまでGMによってビジネスの場をヨーロッパ市場に限定されていたオペルは、PSAの一員となった事でグローバルに展開できることになったのだ。

中国市場よりも先に日本へ! その理由は?

ではなぜ日本なのか。じつはオペルは現時点で東アジアはシンガポールのみで事業を展開しており、より大きなビジネスが期待出来る中国市場にも参入していない。

だが、オペル・オートモーティブのミヒャエル・ローシェラーCEOによれば、日本市場はオペルのグローバル戦略において、とても重要なのだという。

日本は重要な市場! ここで成功すればどこでもイケる

「日本市場は、ユーザーの品質に対する要求レベルがとても高く、日本で成功できれば世界で成功できる、そういう市場だと考えています。オペルのグローバル戦略において日本での成功が重要なのです。中国への進出も計画していますが、現在はまだ市場を分析している段階です。」そう語るローシェラーCEOの目には、日本が世界でも特別な市場であるという、偽りのないリスペクトが感じられた。

具体的な施策はまだ……

ただ、現時点では2021年後半のローンチに向けて、今後どのようなプロモーションを行うのか、またオペル・ブランドの魅力をどのように打ち出していくのかというビジョンが見えなかったのも事実だ。

日本人はやっぱりドイツ車が好き! という考え

ローシェラーCEOに、ターゲットユーザーについて質問しても、「日本では社会の中心にいてイノベーションに対してオープンで、ドイツで開発されたクルマであることを評価してくれる人達にアピールしたいと思っています。」という答えが返ってくるのみで、オペル・ブランドの魅力とは何なのかを明言してはくれなかった。

まだ日本市場での事業戦略が固まっていないのだろうが、例えばドイツでは「未来は全ての人のもの」というスローガンを使用していて、先進的である事を前面にアピールしている事などに言及しても良かったのではないかと感じた。

品質も大幅アップでクルマはかなりイイ!?

とはいえオペルの日本市場への復活には大いに期待している。2012年にPSAと協力関係を結んで以来、PSAのプラットフォームを採用したモデルが増え、プロダクトのクオリティが格段に向上しているのは明らか。デザインも現代的で個性もある。

価格はまだなんとも言えないが、競合モデルを睨んだ戦略的な値付けをしてくるだろう。あとは販売網の質が重要になってくるが、すでにプジョーやシトロエン、DSで実績のあるグループPSAジャパンがコントロールするのだから、安心して良いだろう。1年半後が楽しみだ。

【筆者:竹花 寿美】

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者竹花 寿実
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる