日産が水素自動車市場にSUVで挑戦!? 2012年に発表したテラ コンセプトは今欲しい機能がてんこ盛りの一台だった

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
水素自動車でもっとも有名なのはご存知トヨタ ミライである。国産メーカーに限って言えばトヨタとホンダが市販化に成功しているが、じつは日産も水素自動車市場に参入すると言われていたのだ。事実2012年のパリモーターショーでコンセプトモデル「テラ」を発表しており、当時市販化もウワサされていたほど。今回は未だ市販化に至っていない日産の水素自動車テラをご紹介。
目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ、ホンダについで水素自動車市場に参入!?
  2. テラノの再来!? 水素自動車でも悪路走破性は超本格派
  3. テラの不思議な車内に注目! 車内のタブレットが鍵になる魅惑の内容だった

トヨタ、ホンダについで水素自動車市場に参入!?

今、世界で最も売れている電気自動車といえば日産 リーフである。2010年に初代モデルがデビュー。その後ノートやセレナなど人気車種に、リーフのEV技術を用いたシリーズ式ハイブリッドe-POWERを投入するなど、日産=電動車両という図式を不動の確実なモノとしている。

ところがライバル社の動向を見れば水素自動車に注力しているメーカーも目立つ。その筆頭がトヨタであるが、じつは日産も水素自動車市場に早くから目をつけていたのだ。そのクルマこそ、今回ご紹介するテラなのだった。

テラノの再来!? 水素自動車でも悪路走破性は超本格派

古くからのクルマ好きの方ならピンと来ると思うが、かつて日本でも大人気を博したSUVモデル「テラノ」と似た名前である。事実テラはSUVで、テラノ以上の悪路走破性も確保しているのだった。

ホイール内にモーターを備えたインホイールモーターシステムを採用しており、片方の車輪が浮いた状態やスタックした際など、本格クロカン並の走破性を持っているのだ。

>>「日産 テラノ」がまだ生きていた! 日本では絶版、アメリカでは巨大な3列シートSUVへと華麗に大変身

テラの不思議な車内に注目! 車内のタブレットが鍵になる魅惑の内容だった

注目は車内にある。電動モデルはエンジンを持つ内燃機関モデルとは異なり、後輪に駆動力を伝達するプロペラシャフトなどを要さないために自由なパッケージングが魅力のひとつである。

テラはそのメリットを活かし、シートは左右非対称としており、それぞれのシートに大人が乗車した場合でもリラックスできる車内環境としているなど、これまでのクルマとは一線を画す車内なのであった。

運転席まわりはメーター内にディスプレイひとつと至ってシンプル。しかもこれはタブレット端末になっているため、取り外しも自由自在。ナビやオーディオといった車内インフォテインメント機能として使用できる仕様になっている。そしてこのタブレットが鍵の役割も果たすなど、今すぐに実現して欲しい内容なのだ。

日産の参入に期待!

今回ご紹介した水素自動車のテラ コンセプト自体は市販化されていないが、東南アジアを中心に売られているフルサイズSUVが、同じテラのネーミングを用いて販売されている。

こちらはあくまでも通常の内燃機関モデルだが、見比べてみるとテラ コンセプトのデザインモチーフが継承されていることがわかる。

未だ日産は水素自動車市場に参入を果たせていない。しかも国内で今販売しているトヨタ ミライなどの水素自動車はすべてセダンタイプであるため、ぜひともこの姿で市販化して欲しいところ。今後の動向にも注目だ!

【筆者:MOTA編集部】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 数寄の宿 野鶴亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる