憧れの旧車“ケンメリ”の現代版!? R32スカイラインをベースに造り上げた『現代版ケンメリGT-R』とは

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「旧車のデザインのまま、今の技術で乗ることが出来たらなあ」とは、クルマ好きなら誰もが思うこと。それをトヨタ 2000GTの現代版「トヨタ3000GT」で実現させて世間をアッと言わせたロッキーオートが、今度は「現代版ケンメリGT-R」を造り上げました。中身はR32(BNR32)型スカイラインGT-Rというからまたびっくりです。

ケンメリ・R32スカイラインとは

ケンメリ

1972年に登場した4代目 C110型 スカイライン、通称「ケンメリ」。ケンとメリーがスカイラインに乗り日本各地を旅するシリーズCMは、社会現象を引き起こしブームとなりました。

4代目 C110型 スカイラインは、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン/バンをラインナップ。セダンとハードトップにはホイールベースを延長し6気筒エンジンを搭載したGT系が設定されていました。約4年間の販売期間中、およそ67万台を販売しました。これは歴代スカイラインの中で最多となります。

1973年には、ハードトップ2000GT-R(KPGC110型)がデビュー。2000cc S20型エンジンは、160馬力を発生させ、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラーなどを装備、240km/hのメータースケールが特徴です。諸説ありますが、排出ガス規制の影響により生産台数はわずか197台で、そのうち195台のみ市販されたと言われています。

今回紹介する現代版ケンメリGT-Rは、この希少モデルであるKPGC型を再現しています。

R32スカイライン

R32スカイラインとは、1989~1994年に生産された、日産スカイラインの8代目モデル。16年ぶり3代目となる「GT-R」が復活したモデルとしても有名です。

“日産901運動”(=「1990年代までに技術の世界一を目指す」という日産の活動指標)のもとに極められたマルチリンクサスペンションの採用に加え、先代モデルよりもボディを大幅にシェイプアップするなど、走りの性能を妥協無く追求した平成のスカイラインの名車です。

現代版ケンメリGT-Rはどんな仕様なのか

R32型スカイラインの骨格をベースにオリジナルのケンメリボディを搭載。メカニズムは、パワステ、マルチリンクサスペンションと強靭なシャーシ、4輪ディスクブレーキ、Rの証である直列6気筒ツインカム24バルブなど標準搭載しています。RB26DETT型をはじめとしてRB型各種を積むことが可能で、ターボの有無はもちろん、RB30仕様も選択可能となっています。

またBNR32型ベースなら、4WDでの製作もできるなど好みに合わせて様々な選択ができます。またダッシュボードやシートまでR32型から移植。エアコン、パワステ、パワーウインドウを装備することも可能。

R32スカイラインをベースに車両製作をすることにより、快適な旧車を製作するコストや製作日数を大幅に削減できるようになったそうです。それにより価格も下げることに成功。ロッキーオートではR32を300台以上ストックしており、様々な要望にも応えられるとのこと。旧車に憧れているけど『修理などの手間やコストに悩みたくない』という人には良い選択肢かもしれませんね。

またロッキーオートでは、この現代版ケンメリGT-Rのレンタカーも行っているとのこと。

>>現代版ケンメリGT-Rを画像でもっと見る!

標準仕様 RB25NA:985万円(税別)~

GT-R RB26DETT:1080万円(税別)~

上記価格は制作費用 ベース車両代・消費税・諸費用別途必要

日産/スカイラインGT-R
日産 スカイラインGT-Rカタログを見る
新車価格:
555.3万円693万円
中古価格:
306.8万円2,650万円
日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
23.9万円750万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインGT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインGT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインGT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインGT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインGT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる