ハコスカにケンメリ、ジャパンまで! 今も輝くあの頃憧れた「スカイライン」

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
はっと目を見張るような流麗なフォルムのスポーツカー。屈強なボディでどこにでも行けそうなSUV。それともオシャレで可愛らしいコンパクトなモデル。最新モデルから懐かしの名車まで。燃費や車格、維持費など現実問題は一旦置いておいて、誰しも1度は自分の憧れのクルマを思い描いたことでしょう。そしてそれを自慢したいなんてことも…。

今回はそんな、あの頃憧れた「スカイライン」をお届けします。あなたの好きなクルマは何ですか? 昔から憧れていた1台はありますか?

目次[開く][閉じる]
  1. ハコスカ/3代目スカイライン[C10型](1968年-1972年)
  2. ケンメリ/4代目スカイライン[C110型](1972年-1977年)
  3. ジャパン/5代目スカイライン[C210型](1977年-1981年)

ハコスカ/3代目スカイライン[C10型](1968年-1972年)

プリンス自動車が日産自動車に吸収される形で合併した後、1968年にフルモデルチェンジしてデビューしたのが、「ハコスカ」の愛称で親しまれるC10型 スカイラインです。

ボディバリエーションは、C10型4ドアセダン、WC10型エステート、VC10型バンをラインナップ。エンジンは、プリンス製 直列4気筒OHC1500ccを搭載していました。

1968年後半には直列6気筒OHC2000ccエンジン搭載のGC10型「GT」が登場。ボディバリエーションに2ドアハードトップが追加されました。

その後、第2回 日本グランプリでポルシェを抜き、日本中のモーターファンを虜にして話題となった「スカイラインGT」の市販コンセプトモデル「スカイラインGTレーシング仕様」が第12回東京モーターショーに出品され、2年後の1970年に「GT-R」としてデビュー。今も続く、GT-Rの血脈はここから始まりました。

当時のGT-Rの価格は150万円。大卒初任給が約3万円の時代であったことから、現在の価値に換算すると約900万円以上と非常に高額であったことが分かります。

ケンメリ/4代目スカイライン[C110型](1972年-1977年)

1972年に登場した4代目 C110型 スカイライン、通称「ケンメリ」。ケンとメリーがスカイラインに乗り日本各地を旅するシリーズCMは、社会現象を引き起こしブームとなりました。

4代目 C110型 スカイラインは、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン/バンをラインナップ。セダンとハードトップにはホイールベースを延長し6気筒エンジンを搭載したGT系が設定されていました。4ドアセダンは、4枚ドアのケンメリの略として「ヨンメリ」なんて呼ばれたりも。また、約4年間の販売期間中、およそ67万台を販売しました。これは歴代スカイラインの中で最多となります。

加えて、4ドアセダンのGT系、2ドアハードトップの全グレードのテールライトが丸型4灯となったのはケンメリから。以後、スカイラインの象徴として10代目のR34スカイラインまで受け継がれ、R35 GT-Rにも継承されています。

1973年には、ハードトップ2000GT-R(KPGC110型)がデビュー。2000cc S20型エンジンは、160馬力を発生させ、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラーなどを装備、240km/hのメータースケールが特徴です。諸説ありますが、排出ガス規制の影響により生産台数はわずか197台で、そのうち195台のみ市販されたと言われています。

ジャパン/5代目スカイライン[C210型](1977年-1981年)

1977年に、「ジャパン」の愛称で親しまれる5代目(C210型)にフルモデルチェンジしたスカイライン。

5代目では「GTシリーズ」と「TIシリーズ」を展開。GTとTIは、搭載するエンジンの気筒数でノーズの長さが異なり、ラジエーターグリルやテールランプの意匠も異なる点が特徴。ボディタイプは、2ドアハードトップや4ドアセダン、3ドア・5ドアワゴンをラインナップし、豊富なバリエーションを取り揃えていました。飛行機のコックピットを思わせる計器類は今でも男心をくすぐります。

初期モデルは、昭和53年の排気ガス規制により、高出力のエンジンを搭載できませんでした。その為、1979年にはトヨタ セリカから「名ばかりのGT達は、道を開ける。」のキャッチコピーで挑発を受けます。1980年にはそれに応じる形で排気量2000ccのL20E型エンジンにターボをプラスし、145馬力を発生するターボエンジン搭載モデルを追加。「今、スカイラインを追うものは誰か」のキャッチコピーで反撃に出ます。また、日産として初のターボエンジンとATを組合わせたモデルでもありました。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
26.9万円750万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる