新型BRZ発表記念! 90年代に熱狂した手軽なスポーツモデル3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年11月18日、スバルのFRスポーツカー、新型BRZが世界初公開されました。ボディサイズも大き過ぎず、新車で200万円台から、中古車なら100万円台から豊富に選ぶことが出来るなど、手軽にスポーツドライビングを楽しめるBRZ。その次期モデルの登場は嬉しいニュースです。新型BRZも引き続き手に入れやすい価格設定であることを祈りながら、かつて販売されていた手頃な価格で誰でも楽しめるスポーツモデル3車種ご紹介しましょう。

S13にEGシビックも! 90年代に熱狂した手軽なスポーツモデルを写真でもっと見る[画像38枚]

目次[開く][閉じる]
  1. かつてはデートカー、今は走り屋のベース車 5代目シルビア(S13型)
  2. 名機「3S型」を搭載するスポーツクーペ 5代目セリカ(T180型)
  3. 「スポーツシビック」の愛称で親しまれた 5代目シビック(EG型)
シルビアの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

かつてはデートカー、今は走り屋のベース車 5代目シルビア(S13型)

5代目となる日産のS13型シルビアは、1988年5月にデビュー。伸びやかで流麗なクーペスタイルのエクステリアに、曲面を多用したインテリア、さらに、走行性能の良さも相まって、デートカーの定番車種として人気を集めました。また、第9回 日本カー・オブ・ザ・イヤー1988-1989やグッドデザイン大賞を受賞するなど、各方面から高い評価を獲得しています。

前期型である1.8リッターエンジン搭載モデルの新車価格は147万円(J's 5MT)から。より走りを意識したターボモデル(k's 5MT)でも189万円程度で販売され、当時の若者が頑張れば買える価格に設定されていました。

定番デートカーから走り屋仕様へ

ラインナップは1.8リッターターボCA18DETエンジン「k's」、1.8リッター自然吸気CA18DEエンジン「Q's」と「J's」の3種類を展開しました。1991年のマイナーチェンジで排気量が2.0リッターへアップ、エンジンがSR20DETおよびSR20DEに変更されます。

当初若者のデートカーとしてデビューしたS13型シルビアでしたが、ターボエンジンにFRレイアウトというパッケージングに加え、中古車の流通量も多く価格もお安めと、“走り屋御用達”の手軽なベース車両として高い人気を博す条件がそろっていました。5ナンバー枠に収まるスリムなサイズで、狭い峠道で扱いやすいのも嬉しいところです。

そんなS13シルビアですが、近年は中古車価格が高騰中。さすがに手軽とは言えない状況になりつつあります。

日産 S13シルビアの中古車相場

■全長×全幅×全高:4470mm×1690mm×1290mm ■エンジン:直列4気筒 1809cc ガソリンターボ ■最高出力:175PS/6400rpm ■最大トルク:23.0kg・m/4000rpm ■トランスミッション:5速MT ■駆動方式:FR ■販売期間:1988年~1993年 ※スペックは、1988年式 1.8 K's

■中古車掲載台数:38台

■中古車相場:173.4万円~443万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月20日時点のデータ

名機「3S型」を搭載するスポーツクーペ 5代目セリカ(T180型)

1989年のフルモデルチェンジによって5代目となったセリカ(T180型)は、丸みのあるデザインや基本骨格を4代目から継承しつつ、中身を大幅に進化。サスペンションの剛性を引き上げ、エンジンを2.0リッターへ統一し、四輪駆動モデル「GT-FOUR」のリアデフには日本車初のトルセンリミテッド・スリップ・デフを装着し、走行性能が底上げされます。

また、1993年には、世界ラリー選手権(WRC)では、ユハ・カンクネンがドライバーズタイトルを獲得、さらに日本車初のマニュファクチャラーズタイトルも獲得しました。

みんなが楽しめたスポーツクーペ

ラリーでの活躍により、どうしても最速モデルのGT-FOURにばかり目が行ってしまいますが、ノンターボモデルもスポーツクーペとしての魅力を十分持っています。

目を見張るような速さはないものの、ヤマハと共同で開発された3S-GEエンジンは、癖のない滑らかな加速が特徴です。

またバブル期に開発されたこともあり、価格もシルビア同等で安いのに、下位グレードであっても内装の造りは上質。5代目セリカは、リトラクタブルヘッドライトを備えたスポーツクーペを、誰でも気軽に楽しむことができました。

トヨタ 5代目セリカ(T180型)の中古車相場

■全長×全幅×全高:4420mm×1690mm×1305mm ■エンジン:直列4気筒 1998cc ガソリン ■最高出力:165PS/6800rpm ■最大トルク:19.5kg・m/4800rpm ■トランスミッション:5速MT ■駆動方式:FF ■販売期間:1989年~1993年 ※スペックは、1989年式 2.0 GT-R

■中古車掲載台数:4台

■中古車相場:169万円~520万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月20日時点のデータ

「スポーツシビック」の愛称で親しまれた 5代目シビック(EG型)

1991年に5代目EG型となったシビックは、「スポーツシビック」と呼ばれ親しまれました。ラインナップは、3ドアハッチバック、2ドアクーペ、4ドアセダンを展開。サスペンションは、ストロークに余裕を持たせた四輪ダブルウィッシュボーン式を採用し、高い路面追従性とスポーティーな走りを実現。また、「第12回 1991-1992 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

軽量かつコンパクトで価格も100万円台と安価であったため、走り好きの若者を中心に人気となり、車高をギリギリまで落としたカスタムシビックも多く見られました。

200万円以下で買えた“テンロク”最強スポーツハッチ

5代目シビック(EG型)は、最高出力170PS/7800rpm、最大トルク16.0kg・m/7300rpmを発生させる1.6リッター直列4気筒 DOHC VTEC B16A型エンジンを搭載しています。

当時の新車価格は、B16A型VTEC搭載のSiR(MT)が168万円と、最新のスポーツモデルが300万円を優に超えることを考えると、かなりお買い得。グレードにより違いはあれど、車両重量も1.0トン前後と軽量で、5代目スビックは軽快なスポーツドライビングが誰でも味わえるホットハッチです。

ホンダ 5代目シビック(EG型)の中古車相場

■全長×全幅×全高:4070mm×1695mm×1350mm ■エンジン:直列4気筒 1595cc ガソリン ■最高出力:170PS/7800rpm ■最大トルク:16.0kg・m/7300rpm ■トランスミッション:速MT ■駆動方式:FF ■販売期間:1991年~1995年 ※スペックは、1991年式 1.6 SiR II

■中古車掲載台数:21台

■中古車相場:109.8万円~238.5万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月20日時点のデータ

日産/シルビア
日産 シルビアカタログを見る
新車価格:
194.7万円286.8万円
中古価格:
94万円612.8万円
トヨタ/セリカ
トヨタ セリカカタログを見る
新車価格:
190.3万円252.3万円
中古価格:
30万円355万円
ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
294.8万円294.8万円
中古価格:
29万円344万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ぎおん畑中
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 シルビアの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 シルビアのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 シルビアの中古車検索 日産の記事一覧 日産 シルビアの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 シルビアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる