遂にハイブリッドの“e-POWER”を搭載した、日産 セレナe-POWERの実力やいかに!?(1/3)

人気のセレナが、遂にハイブリッドの“e-POWER”を搭載!

数ある日産車の中でも、特に人気の高い車種がミニバンのセレナだ。

現行型は2016年8月に発売されて以来、堅調に売れている。広い室内によって多人数乗車時の居住性が優れ、多彩なシートアレンジにより自転車のような大きな荷物も積みやすい。運転支援のプロパイロットも装着されて注目を集めた。

一方、日産の先進技術として注目されるのが、ノートで採用されたe-POWERだ。ハイブリッドの一種だが、直列3気筒1.2リッターエンジンは、バッテリーの発電機として使われるのみで、ホイールを直接駆動しない。リーフと同タイプのモーターが、発電された電気を使って駆動する。いわゆるシリーズタイプのハイブリッドとした。

このe-POWERが2018年2月28日、ミニバンのセレナに新搭載された(発売は3月1日)。基本的なシステムはノートe-POWERと同じだが、エンジン/モーター/駆動用リチウムイオン電池などが幅広くパワーアップされている。

JC08モード燃費は26.2km/Lだから、トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイア ハイブリッドの23.8km/L、ホンダ ステップワゴンハイブリッドの25km/Lを超えている。注目度の高い新型車だ。

そこで早速、セレナe-POWER ハイウェイスターV(340万4160円)を試乗した。車両の概要は2018年2月28日に掲載した「日産新型セレナe-POWER/新型車解説」をご覧いただきたい。

>>日産 新型セレナe-POWERを更にチェック(画像106枚)

動力性能は、2.5~3リッターエンジン並みの力強さ

セレナe-POWERで最も気になるのは動力性能だろう。前述のように基本的なシステムはノートe-POWERと同じで、エンジンは発電用とはいえ、直列3気筒1.2リッターと小さい。それなのにセレナe-POWER ハイウェイスターVの車両重量は1760kgだから、ノートe-POWERよりも500kg以上重い。かなり無理があるように思える。

しかし運転すると意外に力強い。直列4気筒2リッターのSハイブリッド(スマートシンプルハイブリッド)を搭載したノーマルタイプのセレナを上まわり、2.5~3リッターエンジン並みの余裕を感じた。駆動用モーターの最高出力は136馬力、最大トルクは32.6kg-mだ。エンジンは回転の上昇に伴って駆動力を高めるが、モーターは反応が素早いから、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時は一層力強い印象がある。

加速している最中の印象も違う。これまでのセレナSハイブリッドは基本的にはガソリンエンジンと同様で、アクセルペダルの踏み方が一定でも、回転域によって加速の仕方が微妙に変わる。対するセレナe-POWERはモーター駆動だから、加速感が滑らかで直線的に速度を高めていく。このあたりは電気自動車と同じで洗練された印象があり、アクセル操作に対してほぼ忠実に駆動力が増減するから運転しやすい。

走行音が静かなこともセレナe-POWERの特徴だ。

フロント側のウインドウは重ね合わせたガラスの間に遮音フィルムを挟み、センターカーペットは4層構造としている。Sハイブリッドに比べると、遮音性能を大幅に引き上げて静かになった。

その一方でエンジン音を自然に聞かせる配慮も見られる。前述のようにe-POWERではエンジンが発電を行い、駆動はモーターが受け持つ。アクセル操作に反応するのはモーターだから、エンジンは効率の良い回転を保って燃費を向上できるが、アクセルペダルを深く踏み込むとエンジン回転も上昇する。

これはモーターの出力が増えることに応じて発電量を増やすためでもあるが、エンジン回転の上昇とノイズの拡大が速度上昇に合っているから、運転していて違和感が生じにくい。

SモードとECO(エコ)モードを選ぶと、アクセルペダルを戻した瞬間から強めの回生充電が始まることもe-POWERの特徴だ。減速エネルギーをフルに回生して、充電効率を高める。

この時の感覚はノートe-POWERのS/ECOモード、リーフのe-Pedal(イーペダル)と同様で、従来のエンジン車でいえば、低いギヤで強力なエンジンブレーキを利かせた時の減速感覚に近い。

慣れるとアクセルペダルの調節だけで速度を自由にコントロールできるから、運転しやすいともいえるが、逆にいえば右足の負担が増す。新鮮味のある運転感覚だが、一長一短でもあるだろう。

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
244.4万円392.7万円
中古価格:
9.8万円423.3万円
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる