日産 新型ノート、待望のプロパイロット設定も+44万円のメーカーオプションだって!?【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2020年11月24日(火)、日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジを実施、いよいよ12月23日(水)より発売開始する。 新型ノートはデザインを一新。プラットフォームやパワートレインも新設計となるなど、全ての面で生まれ変わった。さらには待望の先進運転支援システム「プロパイロット」も設定された。だが、進化したこのプロパイロット、注意しなければいけないのが「メーカーオプション」となること。果たして、車ファン、一般ユーザー、購入検討者などはこのことについてどう捉えているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. いよいよ新型ノートが12月23日(水)より発売開始
  2. 実はプロパイロット等のセットオプション価格は44万2000円
  3. SNS上でのみんなの声は?

いよいよ新型ノートが12月23日(水)より発売開始

今回8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、いよいよ12月23日(水)より発売開始となる日産 新型ノート。

新型ノートは、内外装のデザイン変更に伴い高級感が増したほか、e-POWERも第二世代に進化。バッテリー容量は先代と変わらないものの、出力とトルクが向上し、新たにバッテリー残量に余裕がある場合では極力発電をしない(エンジンを始動させない)制御も採用されるなど燃費性能もアップしている。

さらには、待望の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」を初設定。

同社のスカイラインに採用されている、高精度3Dマップと7個のカメラ、ソナーを採用し、自動速度制御を実現するプロパイロット2.0ではないものの、新型ノートの進化したプロパイロットは1.5バージョンと言えるもので、3Dマップは使っていないものの、GPS、地図データとカメラ&レーダーによって、高速道路上でのカーブ手前減速制御(制限速度まで下げるイメージ)、標識の読み取りによる速度制御を可能にしている。そのほか、360°セーフティサポートを実現する先進安全技術を搭載し、全方向での安全性を向上させた。

実はプロパイロット等のセットオプション価格は44万2000円

と、死角なしの最強コンパクトカーの登場か!? と期待してしまうのだが、逸ることなかれ。

実は、新型ノートのスタイリッシュなLEDヘッドランプも、大型液晶のカーナビも、そして一番のトピックであるプロパイロットも、組み合わせ指定のセットオプションなのだ。

ちなみに、新型ノートのプロパイロットはナビリンク機能付きとなるため、メーカーオプションのNissanConnectナビゲーションシステムなどとセットで装着しなければならない。これ以外の選択肢はなく、ディーラーオプションや社外ナビを装着する場合は、これまで通りのプロパイロットとなる。

そして、これらのオプション装備をつけることができるのは、用意される3グレードの内、最上位の「X」にのみ装着可能となっているのだ。そのお値段218万6800円(消費税込)。

そして、最も気になるプロパイロット等のセットオプション価格は44万2000円。つまりプロパイロットを搭載した新型ノートの実際の金額は最低でもと262万8800円(消費税込)。さらに別途、LEDヘッドランプだ、シートヒーターだとオプションを加えていった場合、諸費用を入れれば300万円台とそれなりの値段に跳ね上がる。

SNS上でのみんなの声は?

そんな新型ノートのプロパイロットについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか早速確認してみた。

まずは、一定の理解を示す声として「細かいオプション設定は欲しいところ。ただプロパイロットは人それぞれの用途で選択すればよいから一概に価格が高いとは思わない」「実際オプションを足していけばそれなりの金額にはなるのだが不要な人は安く買える訳でよいと思う」などといった声が見受けられた。

それでもやはり圧倒的に多かったのは「車単体の価格は一見安いがオプションが多いので結構な金額に」「オプションを足していくとコンパクトカーなのに超高額。知らずにディーラーに行った人は見積額に驚いて帰る人が多数かな」「ナビリンクのプロパイロット機能は良いんだろうけど、純正ナビセットオプション高すぎ」「もったいぶらずに全車標準にしてほしい」といった、批判的な声。やはり皆、新設定のプロパイロットに興味はあるものの、装着するまでのハードルの高さを指摘する内容のものがほとんどだった。

なかでも「確かに良い装備なのはわかるが、悲惨な交通事故のニュースが多い昨今、メーカーは安全性能・装備を出し渋って儲けるような姿勢は考え直してほしい」というような声には、賛同的な意見も相次いだ。

発売間近となった新型ノート。クルマそのものの出来は良さそうなだけに、その販売展開には大きな注目が集まる。果たして、新型ノートの売れ行きはどのようなものになるのか? そしてその内プロパイロットの装着率はどこまで伸びるのか? その答えはもう少し先に分かるだろう。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

速報! 新型ノート e-POWERの内外装を動画でもチェック!【MoTA TV】

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
14万円306.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる