autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート “いまの日産のすべて”を体感しちゃおう|日産オールラインナップ試乗会で最新車種イッキ乗り!

試乗レポート 2018/8/3 22:58

“いまの日産のすべて”を体感しちゃおう|日産オールラインナップ試乗会で最新車種イッキ乗り!(1/2)

関連: 日産 ノート , 日産 リーフ , 日産 GT-R Text: 伊藤 梓 Photo: 和田清志
日産オールラインナップ試乗会
日産 GT-R NISMO[日産オールラインナップ試乗会]日産 リーフ[日産オールラインナップ試乗会]日産 ノートe-POWER AUTECH SPORTS SPEC(オーテック スポーツ スペック)[日産オールラインナップ試乗会]日産オールラインナップ試乗会画像ギャラリーはこちら

NISSAN INTELLIGENT MOBILITYにイッキ乗り

はじめまして!伊藤 梓(いとうあずさ)と申します。某自動車雑誌の編集者として約4年間経験を積んだ後に独立。これからはもっとたくさんの方々に車の魅力を伝えられたらと思っています。

さて、今回は千葉県袖ヶ浦市にある東京ドイツ村で行われた日産オールラインナップ試乗会に参加しました。これまでの経験のなかでも、こんなにたくさんの日産車に一度に触れるのは初めて。とくに今回は「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」というコンセプトに沿った最新型の車を中心に試乗できるとのこと。安全技術や電動化なども含めて、“いまの日産のすべて”をたっぷり体感してきました!

>>リーフからGT-Rまで! “いまの日産のすべて”を画像で見る[フォトギャラリー]

人の感覚に合わせ繊細に調整されたリーフの自動ブレーキ

日産 リーフ“インテリジェント エマージェーンシーブレーキ”(自動ブレーキ)実演[日産オールラインナップ試乗会]日産 リーフ“インテリジェント エマージェーンシーブレーキ”(自動ブレーキ)実演[日産オールラインナップ試乗会]

だだっ広い駐車場に置かれた、車のリアが描かれたパネル。それを見て「おお!これはテレビでよく見るやつ!」とテンションが上がった。そう、まず案内されたのは、電気自動車の日産 リーフを用いた自動ブレーキの体験コーナーだ。

日産で“インテリジェント エマージェーンシーブレーキ”と呼ばれているこの安全技術は、フロントガラス上部にある単眼カメラで車や人を検知し、衝突する恐れがある場合に自動でブレーキをかけてくれるシステム。

手順は簡単。ハンドルを切らずに一定速でパネルに直進するだけ。アクセルペダルを踏み込むと、どんどん車のパネルが大きくなって近づいてくる。自分ならもうブレーキをかけるタイミングになっても、車は速度を保ったまま進んでいく。「ダメだ、ぶつかる!」と思った瞬間、自動で強い急ブレーキがかかり、パネルと目の鼻の先でピタッと停車した。

「思ったよりギリギリの位置なんだ」と驚いたけれど、どんな速度でも(作動する車速は約10〜80km/h、歩行者に対しては60km/h以下)前方の障害物に対して同じ距離に停車するようになっているのだそう。もう一度挑戦してみると、なるほど、先ほどとまったく同じ位置で停車した。

ここで気づいたのは、安全技術とは細やかな調整が必要なのだということ。もっと手前で作動させるようにすると、しょっちゅう警告が出てしまって、運転手に余計な不安を与えることになりかねない。

実際にあまりに警告が早く出る車だと、安全装備自体を解除する人まで出てきてしまうとか。それでは本末転倒だ。そういう意味では、日産の自動ブレーキは人の感覚に合わせながらしっかり安全性を確保してくれていると感じた。

駐車スペースのど真ん中にピタリと止める、EVならではの全自動駐車支援システム

日産 リーフ“インテリジェント パーキングアシスト”実演[日産オールラインナップ試乗会]日産 リーフ“インテリジェント パーキングアシスト”実演[日産オールラインナップ試乗会]

お次は、とくに女性ドライバーには嬉しい機能“インテリジェント パーキングアシスト”。駐車ラインをカメラで検知し、ハンドル/アクセル/ブレーキ/シフト操作をすべてリーフが自動で行ってくれる駐車支援システムだ。

ナビ画面に駐車できるスペースが表示されるので、それをポチッと選んで、あとはパーキングボタンを長押しするだけ。するとクルクルとハンドルが回り出して、一発で駐車スペースのど真ん中にピタリ。

私の女友達はバック駐車が苦手な人が多く、いつも頭から入れて結局出すときに苦労しているので、これは喜ばれそう!と思った。高級車ではなくて、こういった身近な車に装備してくれるところが何より嬉しい。私はさすがに友人より駐車が上手い自負はあるものの、パーキングアシストのように毎回一発でぴったり真ん中に停められるか?と聞かれると、たぶん答えはNO……。

それに、いまどきの女性は男性に対しても運転の上手さをそこまで求めていないと思うので、男性でも駐車のときにはこのボタンひとつで済ませてしまう方があるいはスマートかもしれない。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 ノート の関連編集記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連編集記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR