日産 ノート AUTECH CUSTOMIZED、20ミリのローダウンなどでワイド&ローなスタイルを強調【東京オートサロン2022】

画像ギャラリーはこちら
日産 ノート AUTECHをベースに、オーテックジャパンがワイド&ローなスタイルをカスタマイズした「ノート AUTECH CUSTOMIZED」が東京オートサロン2022で出展された。単にローダウンが行われているだけでなく、ホイールには同社ならではの他車からの流用など小技も効いたノート AUTECH CUSTOMIZEDを解説していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 日産車のスペシャリスト「オーテックジャパン」が手掛けるカスタムモデル
  2. 20ミリのローダウンなどでワイド&ローの踏ん張りの効いたスタイルを実現
  3. フロントのホイールはなんとセレナAUTECH SPORTS SPEC用

日産車のスペシャリスト「オーテックジャパン」が手掛けるカスタムモデル

2代目モデルのマイナーチェンジ時に、エンジンで発電しモーターで駆動する「e-POWER」モデルを追加したことで、一躍人気車種となった日産ノート。2020年にデビューした3代目モデルは2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、もはや日産を代表する1台と言える。

そんなノートをベースとし、プレミアムスポーティを標榜してリリースされているのが、日産車のスペシャリストであるオーテックジャパンが手掛ける「ノートAUTECH」だ。

今回、東京オートサロン2022で出展された「ノート AUTECH CUSTOMIZED(オーテック カスタマイズド)」は、そのノートAUTECHをベースとし、更なるカスタマイズを施したモデルである。

20ミリのローダウンなどでワイド&ローの踏ん張りの効いたスタイルを実現

ノートのスポーティモデルと言えば、上級車種のノートオーラをベースとした「ノートオーラNISMO」が存在しているが、今回はあえてプレミアムな雰囲気を持つノートAUTECHをベースとし、ボディサイドにはリアにつれてカラーがグラデーション風に変更されるストライプを採用。

足元は20ミリのローダウンサスペンションと17インチアルミホイール、そして205/50ZR17のミシュランパイロットスポーツ4を組み合わせることで、ワイド&ローの踏ん張りの効いたスタイルを実現している。

フロントのホイールはなんとセレナAUTECH SPORTS SPEC用

ちなみにこのホイールを見てピンときた人はなかなかのマニア。実はこのホイール、セレナAUTECH SPORTS SPECに標準装着されているものそのもので、このホイールを装着するために通常はP.C.D.100の4穴となるところ、P.C.D.114.3の5穴のハブに換装されているのだ。

さらにリアはジューク用を流用していると思われる

またリアについてはベース車のノートがリアドラムブレーキであるため、ドラムブレーキのまま5穴化(恐らくジューク用?)。これはドラムブレーキからディスクブレーキに変更すると記載変更(いわゆる改造車検)が必要となるためと思われ、この辺りはさすがメーカー謹製のカスタマイズメーカーといったところだろう。

ここまで現実味ある完成度を誇るノート AUTECH CUSTOMIZEDだが、オーテックジャパンでは「あくまでも参考出品です」とのこと。市販化の実現も大いに期待したい。

[筆者:小鮒 康一/撮影:佐藤 正己]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円298.7万円
中古価格:
14.8万円334.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる