オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR 試乗レポート/山本シンヤ(2/5)

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR 試乗レポート/山本シンヤ
オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ 画像ギャラリーはこちら

「原点に戻るクルマ」~ワクワクモータース・チガサキ A25~

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ

そんなオーテック社内に面白いサークル活動がある。それが今回紹介する「ワクワクモータース・チガサキ」である。2012年、オーテックが25周年を迎える際に、開発メンバー以外にもオーテックのクルマ造りのプロセスに触れることで、「オーテックと言う会社はこのような事もできる!!」という事を実際に体験してもらう・・・という一環でスタートした。自分たちが欲しくなるクルマを絵に描いた餅ではなく、実際に一台のクルマとして仕上げることで“知見”を広げる意味もあったそうだ。総勢60名のメンバーで構成されているが、驚きなのは開発費用を含め全てがボランティア&就労時間外の活動という点だ。

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ

この活動の中から生まれた第一弾が「A25」である。

AUTECH創立25周年を迎えるにあたり、「オーテックらしいクルマとは?」「自分たちが欲しいと思えるクルマは?」と、ある意味原点に戻るためのモデルを作りたい想いがあった。様々なアイデアの中で多かった意見が、「FR(後輪駆動車)に乗りたい」「MTモデルに乗りたい」「家族で乗れるクルマ」だった。そのアイデアを日産のリソースを使って開発するとなると…ベース車はスカイラインだった、というわけだ。

オーテックには外観造形/設計/エンジン実験/車体板金/機械加工/塗装/内装縫製/車両組み立て/完成車両検査/改造登録申請業務と、改造車づくりに必要な仕事をすべて社内で賄える仕組みがある。そのメリットをフルに活かしたモデル…と言えるだろう。

改造はVVEL追加や6速MT換装など多岐に渡る

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ

A25は、V36型スカイライン セダン 350GT(5AT)の中古車をベースに、車両すべての部分にオーテックの血が注ぎこまれた。パワートレインはVQ35HRエンジンにVQ37用の「VVEL」機構を追加。さらに専用の吸気系に等長エキマニ&エキゾースト(フジツボ製)、専用コンピューター、軽量フライホイール&強化クラッチも採用されている。

面白いのはこのような仕様にも関わらず、レギュラーガソリン仕様という点だ。

トランスミッションはスカイラインクーペ用の6速MTに換装、軽量プロペラシャフト(カーボン+アルミ製)に3.916のローギアードファイナルデフ(インフィニティ G37 コンバーチブル用)、機械式LSD(NISMO製)などを採用する。

日産の他モデル用パーツを上手く流用

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ

シャシーはZ34やFUGA用の補強をプラスした上で、スカイラインクーペ用のリンクを移植し、車高調整機構付サスペンション(オーリンズ製)に変更して、ステアリング特性は欧州向けを使う。タイヤはフロント245/40R19、リア285/35R19のポテンザRE-11、ホイールはZ34 NISMO用を流用する。

ボディ周りはフロントはスカイラインクーペ用を加工して装着するが、リア周りは完全な新造形に変更(リアフェンダー、トランクパネル、バンパー)。ブリスター形状ではなく昭和テイストのオーバーフェンダー風にしたのは、ハコスカをイメージしているから!?

テールランプは…解る人にはすぐわかるR34スカイライン用を流用。ボディカラーは専用色「湘南ブラック」だ。

外装色は「湘南ブラック」、室内は「湘南ブルー」でコーディネイト

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ

一方、A25のインテリアは「湘南ブルー」でコーディネイト。フロントシートはブリッドのバケットシートを装着するが、助手席は乗り降りしやすい回転シート仕様。この辺りは福祉車両も手掛けるオーテックならではのアイデアだ。

後席は専用リアコンソール付きの2座仕様で、後席DVDならぬ後席CANメーター/データロガーを装着。また、時計やメーター(280km/hスケール)などにオーテックロゴを加えるなど細部にもこだわっている。もちろん、これらのモディファイはすべて保安基準に合致しており、法規に適合したナンバー付き改造車となっている。

[ワクワクモータース・チガサキ A25 公道試乗レポート・・・次ページへ続く]

オーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン「ワクワクモータース・チガサキ」マーチ ボレロR・A25(V36スカイライン改) 試乗レポート/山本シンヤ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 マーチの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 マーチのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 マーチの中古車検索 日産の記事一覧 日産 マーチの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 マーチのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる