RAYSや4x4 Engineering Serviceとコラボ! クラフト創業50周年記念特別仕様ホイールを発売

画像ギャラリーはこちら

株式会社クラフトは2022年2月3日、創業50周年を記念し、RAYS(レイズ)や4x4 Engineering Serviceとコラボした特別仕様のアルミホイールを発売。また、50周年記念サイトの開設や感謝セールの開催も予定している。

目次[開く][閉じる]
  1. クラフト創業50周年を迎え人気ホイールブランドとのコラボモデルを発売
  2. 「RAYS」や「4x4 Engineering Service」とコラボした50周年記念ホイール
  3. 創業50周年記念サイトの開設と「50thアニバーサリーフェスティバル」

クラフト創業50周年を迎え人気ホイールブランドとのコラボモデルを発売

クラフトは、1972年に創業したタイヤ・ホイール専門店。2022年に50周年の節目を迎えるにあたり、日本製ならではの高い品質と信頼性で世界中の車好きから愛される「RAYS(レイズ)」や、4WDライフを充実させる各種パーツを販売し世界中の四駆フリークから支持される「4x4 Engineering Service(フォーバイフォーエンジニアリングサービス)」とコラボした特別モデルを発売する。

「RAYS」や「4x4 Engineering Service」とコラボした50周年記念ホイール

クラフ創業50周年を記念した特別仕様の人気アルミホイールを、2022年2月3日(木)から全店舗にて受注開始。なお、コラボホイールの詳細は次の通りとなっている。

RAYS VOLK RACING TE37 SAGA S-plus クラフト50周年記念モデル

海外専売モデルである「TE37SL BLACK EDITION III」にのみ設定さているプレスドブラッククリアカラーを踏襲。クラフト50周年記念モデルに相応しい“スペシャルなブラック”が本気のスポーツを意識させる1本だ。

8.5Jというリム幅は、トヨタ GR86やスバル BRZのローダウン車両にちょうど良いサイズ感。また、ZN6系・ZC6系の純正ブレンボキャリパーをかわす、オリジナルのインセットサイズで仕上げられている。

■サイズラインアップ

・18inch x 8.5J inset41 5HOLE PCD100 FACE-2(装着車種例:トヨタ 86、スバル BRZ、トヨタ カローラスポーツなど)

・18inch x 9.5J inset45 5HOLE PCD114.3 FACE-3(装着車種例:スバル WRX、トヨタ GRヤリスなど)

※装着にはローダウンが必要

■カラー:プレスドブラッククリア

■構造:鍛造1ピース

■技術基準:JWL+R スペック2

■付属品:エアーバルブ

RAYS TEAM DAYTONA M9 クラフト50周年記念モデル

標準設定のブラック/ディスクスモークをベースに、50周年特別仕様としてオフロードカスタムの定番マットクリアを塗装。ビードロックタイプのギミックにより、ワイルドな表情が魅力となる「M9」をマットな質感に仕上げたことで、より武骨でオフな装いとなり、オフロードタイヤともマッチングしやすい特別なカラーとなっている。

■サイズラインアップ

・17inch x 7.0J inset32 5HOLE PCD114.3(装着車種例:トヨタ RAV4、三菱 デリカD:5 などのSUV)

■カラー:ブラック/ディスククリアスモーク+マットクリア

■構造:鋳造1ピース

■技術基準:JWL+R SPEC1

■付属品:ゼネラルセンターキャップV3(BK)、インサイドアルミバルブ(BK)

4x4 Engineering Service Air/G Rocks クラフト50周年記念モデル

シャープで精密なメッシュ・フェイスと、立体感を強調するディープ・コンケイブ・デザインを融合した「Rocks」をフルブラックにカラーリングした記念モデル。ワンポイントとしてオーナメントに際立つレッドを採用した(ブラックも同梱)。黒光りするグロスブラックは、オフロードとオンロードを両立するシティオフローダースタイルにもマッチする。

■サイズラインアップ

・17inch x 8.0J inset20 6HOLE PCD139.7(装着車種例:ランドクルーザー プラド、ハイラックス、FJクルーザー など)

■カラー:オールグロスブラック

■構造:鋳造1ピース

■技術基準:JWL、JWL-T

■付属品:センターキャップ、エアーバルブ黒(Air/Gロゴ入り)

創業50周年記念サイトの開設と「50thアニバーサリーフェスティバル」

創業50周年記念サイト開設

クラフトは、2022年2月3日(木)から50周年記念サイトを公開。この記念サイトでは創業からの歩みにくわえ、クラフトのこだわり、代表からのメッセージ、50周年記念のホイールの情報、「50thアニバーサリーフェスティバル」などを紹介。また、今後計画されている創業50周年を記念したキャンペーンや様々な取り組みなどの最新情報は、随時記念サイトに更新される。

感謝セール「50thアニバーサリーフェスティバル」概要

創業50周年を記念して2022年2月下旬から9月までの7ヶ月、各店舗を巡回する「50thアニバーサリーフェスティバル」を開催する。

■2月25日(金)〜27日(日)、3月4日(金)〜6日(日) 開催店舗:厚木店・相模原店(協賛店舗:一宮店)

■4月下旬 開催店舗:中川店・鈴鹿店 (協賛店舗:多治見店)

■7月上旬 開催店舗:知立店 (協賛店舗:岐阜長良店)

■9月上旬〜中旬 開催店舗:浜松店 (協賛店舗:ナゴヤドーム西店)

※協賛店舗:特別展示を大々的に行っていない店舗

【50周年記念ノベルティ】

セール開催店舗・協賛店舗で期間中に成約した方には、成約金額に応じた50周年記念ノベルティ(TONEラチェットキーホルダー/サーモス缶タンブラー)を数量限定で用意している。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる