トヨタ 新型カローラクロスは199万9000円〜! やっぱり日本仕様は特別なフロントフェイスだった

画像ギャラリーはこちら
トヨタは2021年9月14日(火)、カローラ初のSUVとなる新型 カローラクロスを発売した。価格(税込)は199万9000円〜319万9000円。月販販売計画台数は4400台とした。

カローラは1966年の誕生以来、時代とともに変化するライフスタイルに応えるべく、ボディスタイルにとらわれない多種多様な車種をラインアップしてきた。

世界150以上の国と地域で販売され、2021年7月にはグローバル累計販売台数5000万台を突破したロングセラー車種だ。

目次[開く][閉じる]
  1. 日本の道路状況にも馴染む取り回しのしやすいサイズ! 燃費の高さも魅力だ
  2. 都会的なデザインと荷室の使い勝手の高さを両立させた
  3. 先進安全装備や給電用アクセサリーコンセントも備える
カローラクロスの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

日本の道路状況にも馴染む取り回しのしやすいサイズ! 燃費の高さも魅力だ

カローラシリーズ初となるSUVの新型 カローラクロスのボディサイズは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm。

グレードはハイブリッドとガソリンの10種類を用意し、ともに1.8リッターエンジンを採用した。ハイブリッドモデルはクラストップレベルの26.2km/Lを達成している。

プラットフォームはGA-Cプラットフォームを採用し、軽量でありながら高い剛性を持つボディ骨格を採用し、車高を感じさせない軽快で安定した操縦性を備える。また、エンジン音やロードノイズを低減する吸音素材を最適配置することで静かで快適な車内空間を実現。

足回りにはフロントサスペンションにマクファーソンストラット式を採用、リヤには2WD車に新開発のトーションビーム式を用い、大型ゴムブッシュと合わせることで、凹凸のある道でもしなやかで上質な走りを実現する。E-Four(4WD車)にはダブルウィッシュボーン式を採用し、安定性と応答性を高次元で両立させた。

最小回転半径はクラス最小レベルの5.2mを実現し、狭い道や駐車場での取り回しも軽快に行える。

都会的なデザインと荷室の使い勝手の高さを両立させた

内外装デザインは都会的で上質なデザインが特徴。レジャーからアウトドアまで幅広いシーンで活躍するユーティリティ性が魅力のSUVとなっている。

エクステリアは「アーバン・アクティブ」をデザインコンセプトに、SUVらしいダイナミックで洗練されたデザインとした。ボディカラーは全8色を設定。

また、内装の特徴としては、見晴らしの良い視界の高さを確保しつつ、頭上空間にもゆとりを持たせたことでアウトドアでも便利な広い室内空間を実現した。

前席はSUVならではの高いアイポイントと、細いフロントピラーにスッキリとしたインストルメントパネルにより、見切りがよく運転しやすい環境を整えている。

また、フロントシートはスリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートを用いた。

後席は大きく開くリヤサイドドアによって乗り降りもしやすく、リクライニング機能も搭載したことで快適性と居住性を高めている。

さらに開放感のあるパノラマルーフも設定しており、電動ロールシェードを備えることで日差しのコントロールも可能だ。

ラゲージは5人乗車時でも487Lを確保

ラゲージ容量は5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを実現。後席を倒すことでロードバイクも搭載できる。

荷物の積み下ろしやすさにもこだわっており、ラゲージ開口部は地面から720mmに設定したことで小柄な人でも楽に荷物の積み下ろしができるのが特徴。

また、ハンズフリーパワーバックドアを設定したことで、リヤバンパー下に足を出し入れするだけで両手がふさがっている状態でも簡単にバックドアの開閉ができ、利便性も高い。

ほかにも新型 カローラクロス専用設計となる高機能収納ボックス「ラゲージアクティブボックス」を使用すれば荷物を車外から見えないように収納でき、ふたを閉じるとラゲージの床面がフラットになり、広い荷室空間を用意した。

先進安全装備や給電用アクセサリーコンセントも備える

安全性の高さも特徴だ。日常のあらゆるシーンでドライバーを支援する先進安全装備「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。

また、パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG"X"を除く全グレードに標準装備した。さらにペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートも設定された。

さらに、ハイブリッド車にはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードをオプションで設定。停電などの非常時には車両駐車時に「非常時給電モード」にすると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品が使用できる非常用電源として活用できる。

価格は4種類用意するガソリンモデルが199万9000円〜264万円、ハイブリッドモデルには3グレードにそれぞれ2WDと4WDを用意しており、259万円〜319万9000円。

【筆者:MOTA編集部】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる