MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース アセアンで初! 三菱 アウトランダーPHEVをインドネシア市場に投入

自動車ニュース 2019/7/11 12:36

アセアンで初! 三菱 アウトランダーPHEVをインドネシア市場に投入

三菱、アセアン市場に初めて『アウトランダーPHEV』を投入
三菱、アセアン市場に初めて『アウトランダーPHEV』を投入三菱 アウトランダーPHEV 2019年モデル G Premium Package三菱自動車 雪上試乗会三菱 アウトランダーPHEV 2019年モデル G Premium Package画像ギャラリーはこちら

三菱、アウトランダーPHEVをインドネシア市場に投入

三菱自動車はプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」をアセアンで初となるインドネシア市場に投入することを発表した。2019年7月18日から開催される第27回インドネシア国際オートショーにおいて同車を出展する予定である。

>>日本で発売されたアウトランダーPHEVの内外装をみる(画像11枚)

アウトランダーPHEVの主な特長

2013年に日本で販売を開始したアウトランダーPHEVは、三菱自動車の強みである四輪制御技術と電動化技術の粋を集めたSUVのプラグインハイブリッドEVとして市場に投入、世界50ヵ国以上で販売されている。

高い安全性能評価

アウトランダーPHEVは、アセアンにおける自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメント「アセアンNCAP」の安全性能評価において総合87.61ポイント(100ポイント中)、最高評価となる5☆を獲得した。

アウトランダーPHEVは7つのSRS(シートベルトを補助する乗員保護装置)エアバックや車線変更時の接触事故防止システム「ブラインドスポットワーニング」などの採用により、成人乗員保護性能で高得点だったほか、子ども乗員保護性能、安全補助装備の項目でも高い評価を得た。

緊急時にも活用可能

アウトランダーPHEVは、電動車ならではのトランスミッションやプロペラシャフトのないシンプルなレイアウトにより、軽量化やエネルギーの効率化を追求し、利用者に優れた環境性能と滑らかで力強い走りを提供している。

また電力を走行以外でも利用できる機能を持つプラグインハイブリッドEVでもあり、自動車の駆動用バッテリーから電力を供給することで日常から緊急時まで活用することが可能である。実際に2016年の熊本地震や2018年に発生した北海道胆振東部地震などの災害時に、ライフラインが絶たれた中での貴重な電源として活用された。

三菱はアウトランダーPHEVを通じて、CO2排出の抑制などの環境対策に取り組んでいるインドネシアへの貢献を考えている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連編集記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR