今、復活したら売れそうなクルマ 3選とは| “自動車マニア”に聞いてみた

すでに生産終了した絶版モデル…復活したら売れそうなモデルを予想!

すでに生産を終了したモデルながら、未だに高い人気を誇る車種というものが存在する。そんなに人気なのであれば生産終了しなければよかったのに…とも思ってしまうが、それには様々な事情があってのこと。例えば法改正によるものや、新車当時はそこまで人気がなかったものの、時代の流れで人気がでてきたものまで多岐にわたっている。

そこで今回は、現在は絶版モデルとなってしまったものの、同様のコンセプトの車両が再び登場すれば人気になるのでは? と筆者が勝手に思った車種をピックアップしてご紹介したい。

>>イマドキの車種にも負けていないカッコ良さ! ランエボを含む絶版モデルを画像で見る[15枚]

ホンダ S2000

ホンダらしい超高回転型NAエンジンに後輪駆動、そしてオープンボディと、夢のようなポイントを盛り込みまくったS2000は、往年の「ホンダのエス」の血統を受け継ぐモデルとして1999年に登場した。

S2000は当時、400万近い価格にもかかわらず実用性はほぼ皆無の車種でありながら、日本国内で2万台、世界で11万台ほどの台数が販売された人気モデルだ。この実績を見るだけでも、S2000には多くのファンが存在していたことを裏付ける結果と言えるだろう。

今ではS660がDNAを継いでいることにはなっているが…

そんなS2000だが残念ながら2009年で販売を終了し、現在ではS660がその血筋を受け継いでいる形となっているが、やはりS2000の後継車種を求める声は少なくない。多くの自動車媒体などで「新型S2000」の噂が上っては消えていることからも分かるだろう。

しかし、残念ながら現状でリアルにS2000が復活するという情報は聞こえておらず、その結果中古車市場でのS2000の相場は上がる一方。高年式低走行の個体だと500万~600万円というプライスタグがつけられたものまで存在しているほどなのだ。

とはいえ、現状でホンダはFRレイアウトのプラットホームを持っていないし、超高回転型NAエンジンもエミッションなどの問題で難しいというのが現実的なところ。だとしても一縷の望みを持って復活を期待したくなる車種であることは間違いないだろう。

三菱 ランサーエボリューション

普通の4ドアセダン(見た目はそれほど普通ではないかもしれないが)にもかかわらず、場合によってはスーパーカーをもカモる実力を持った“ジャパニーズハイパフォーマンスセダン”として、海外でも高い人気を誇っているスバル WRX(インプレッサ)と三菱 ランサーエボリューション(以下ランエボ)。どちらの車種もお互いをライバルとして切磋琢磨をし、互いにポテンシャルを高めていったという背景があるのはご存知の通りだ。

可能性はとても低いが復活を望む声は少ないハズ!

しかし、ランエボは2015年の「ファイナルエディション」を最後に販売を終了。最後のランエボのベースとなった「ギャランフォルティス」は一部海外ではフェイスリフトを受けて販売が継続されてはいるものの、これをベースに再びランエボの新型が登場するということは考えにくいだろう。

そもそも三菱としてはすでに日本国内のラインナップにセダンを持っておらず、アウトランダーやエクリプスクロスといったクロスオーバーSUVに特化したメーカーへと歩を進めている感もあるので、現状は厳しいというのが偽らざるところだろう。しかしライバルのスバルファンを含め、ランエボの復活を心待ちにしているユーザーは決して少なくないハズだ。

ホンダ クロスロード

未だに飛ぶ鳥を落とす勢いが収まる気配のないクロスオーバーSUV人気。最近ではミニバンユーザーだったファミリー層をも取り込んでまだまだ成長をしそうな勢いとなっている。そんなクロスオーバーSUV人気にあやかって復活してもらいたいのが、ホンダ クロスロードである。

そもそもホンダは定期的にクロスオーバーSUVをリリースしており、HR-V(初代)のようにスマッシュヒットを記録したものもあれば、MDXやエレメントのようにイマイチだったモデルもある(ただし、MDXやエレメントの主要マーケットは海外だった)。

登場が早すぎた!? もし2,3年前に発売していたら…

その中でも登場するタイミングが早すぎた感があるのがクロスロードである。そもそもクロスロードの名前は、90年代前半に当時提携関係のあったローバーグループからRV(レクリエーショナル・ビークル)車のラインナップを補完するためにディスカバリーをOEM供給してもらった際に使われたものだった。その名前を2007年に引っ張り出してきたのがこの2代目クロスロードなのだ。

見た目こそSUVテイストの強い外装を持っているが、ベースとなったのが5ナンバーサイズの3列シート車のストリーム(2代目)であり、7人乗りの室内空間はほぼストリームと共通。ボディサイズも幅が拡大されて3ナンバーサイズとなっているものの、大きすぎず小さすぎず絶妙なものだったのだが、クロスオーバーSUVブームが来る前のデビューということで、それほど話題にならずに3年足らずで生産終了の憂き目に遭っている。もう少し登場が後だったら、大ヒット車種になっていたかもしれないが…。

[筆者:小鮒 康一]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ S2000の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S2000のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S2000の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S2000の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S2000のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる