トヨタとスバル、EVを共同開発へ|トヨタの電動化技術とスバルのAWD技術を活用

トヨタとスバルがEVの共同開発に合意

トヨタとスバルは2019年6月6日、中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォームおよびCセグメントクラスのSUVモデルのEVの共同開発に合意したと発表した。

スバルは今回のトヨタとの合意に伴い、これまで独自開発を中心に進めてきたEV開発を共同開発へシフトさせ、技術・開発・調達などの面で更なる効率化を図る。

今回の共同開発においては、トヨタが仲間づくりに取り組んでいる電動化技術とスバルが長年培ってきたAWD(全輪駆動)技術を活用するなど、両社の持つ技術の強みを持ち寄って新たなEVづくりに取り組む。

また両社は今後、共同で開発した車両を各々のブランドにて販売する予定である。

>>スバル クロストレックハイブリッドの内外装を画像で見る(15枚)

トヨタとスバルの協業

トヨタとスバルは2005年に業務提携について合意して以来、2012年には共同開発したFRスポーツカー「トヨタ 86」、「スバル BRZ」を販売した。

また2018年にはトヨタの持つハイブリッド車技術に関する知見を活用して、スバルオリジナルのプラグインハイブリッド車「クロストレック ハイブリッド」を米国で販売するなど、開発・生産・販売など様々な分野での協業を深めてきた。

今回は、コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化といった「CASE」と呼ばれる新時代のクルマへの対応の中でも特に「電動化」に焦点を当てた新たな協業となる。

EV商品化に向けた課題解決

EVの商品化においては大容量電池の搭載が必要であり、普及に際してはこれまでにない電池供給量が求められることに加え、航続距離や充電インフラ敷設状況によるクルマの使われ方の違いなど、現時点ではコスト・供給・売り方については様々な課題がある。

両社はこれらの課題に対して各々の得意とする技術を持ち寄り、可能な部分は協調することで製品化を加速させながら、EV専用プラットフォームを共同開発していく。

同プラットフォームは、CセグメントからDセグメントクラスのセダン、SUV等の複数車種への幅広い応用や、効率的な派生車開発にも対応できるよう開発を進めていく。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる