autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ 新型「Cクラス」の装着タイヤにコンチネンタル「エココンタクト6」を採用

自動車ニュース 2019/5/10 14:29

メルセデス・ベンツ 新型「Cクラス」の装着タイヤにコンチネンタル「エココンタクト6」を採用

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(C200 アバンギャルド)
メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(C200 アバンギャルド)メルセデス・ベンツ 新型Cクラスコンチネンタルタイヤ、メルセデス・ベンツ 新型「Cクラス」に新車装着画像ギャラリーはこちら

コンチネンタルタイヤ、メルセデス 新型「Cクラス」に新車装着

コンチネンタルタイヤは、同社が2019年3月に日本で発売を開始したハイパフォーマンスエコタイヤ「エココンタクト6」がメルセデス・ベンツの新型「Cクラス」の新車装着タイヤとして採用されたことを発表した。

今回採用されたタイヤは、フロント:225/45R18 95Y XL EcoContact6 MO、リア:245/40R18 97Y XL EcoContact6 MOで、サイドウォールにはメルセデス・ベンツの承認マーク「MO」が刻印されている。

>>メルセデス・ベンツ 新型「Cクラス」の内外装を画像で見る(17枚)

「エココンタクト6」について

「エコ・コンタクト6」は次世代のコンパウンドテクノロジー「グリーンチリ2.0」を採用したハイパフォーマンスエコタイヤ。

3つの相反する性能であるウェットブレーキ性能、転がり抵抗および耐摩耗性能を非常に高いレベルで両立した、エココンタクトシリーズの最新モデルである。

日本で発売を開始した31サイズ中13サイズが欧州タイヤラベリング制度で「ウェットブレーキ性能、転がり抵抗」ともに最高グレードの「A/A」を獲得している。

メルセデス・ベンツのプリファードパートナー

コンチネンタルタイヤは、グローバル・メルセデス・ベンツ・アフターセールス・タイヤプログラムの一環として、ダイムラー社よりアジア太平洋地域のメルセデス・ベンツの「プリファードパートナー」に認定された。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR