autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、パナソニックと街づくり事業に関する合弁会社の設立へ

自動車ニュース 2019/5/9 13:11

トヨタ、パナソニックと街づくり事業に関する合弁会社の設立へ

関連: トヨタ

トヨタ、街づくりの新事業でパナソニックと協業

トヨタは2019年5月9日、街づくり事業に関する新しい合弁会社「プライムライフテクノロジーズ株式会社」の設立に向け、パナソニックと契約を締結した。なお、同合弁会社は2020年1月7日に設立を予定している。

両社の協業により、トヨタが進めるモビリティサービスへの取り組みと、パナソニックが進める「くらし」のアップデートへの取り組みを融合させつつ、街全体での新たな価値の創出を目指す。

車と住宅をつなぐ新時代の街づくりへ

トヨタとパナソニック、協業の背景

現在、自動運転等のモビリティの高度化や通信テクノロジーの発達、人口の減少等によって、家や街、そしてクルマのあり方が大きく変わりつつある。

具体的には家電や住宅設備などの急速なIoT化や、モビリティにおけるCASE、車・公共交通などの移動手段をITでつなぎサービスとして提供する「MaaS」などが進展し、暮らしと移動手段という観点から見た街づくりの価値が「立地」から「生活を支えるサービスインフラの充実度」へと移行している。

郊外に先進的な都市開発の構想

住宅地に不向きな土地を先進的に都市開発し、住宅や家電、モビリティのサービスにおいて差別化を図ることで、両社の強みを活かし新たな街づくりを行う。

両社の強み

トヨタ、パナソニックと街づくり事業に関する合弁会社の設立へ

街づくり事業においては、トヨタはこれまで、クルマのコネクティッド化を通じて「モビリティサービス・プラットフォーム」の構築を進め、ビッグデータを活用したサービスに取り組んできた。

一方、パナソニックでは先進的な街づくりとして、「サスティナブル・スマートタウン(最先端の技術やサービスを取り入れ、持続的に進化する街)」の開発に様々な企業と取り組み、国内外から注目を集める先端事例として成功を収めてきた。

トヨタ自動車:豊田社長のコメント

CASEの進展によって、これから先は人々の暮らしを支える全てのモノ、サービスが情報でつながり、クルマを含めた町全体、社会全体という大きな視野で考えること、すなわち、“コネクティッド・シティ”という発想が必要となります。

この実現には「どんな未来を創りたいのか」という目的を共有し、仲間と協調する精神が重要になってくると思います。

両社の住宅事業を核としながら、クルマやコネクティッド事業を持つトヨタと、家電や電池、IoT事業を持つパナソニック両社の強みを持ち寄り、競争力を高めながらベターベターの精神で、新たな生活スタイルの提供にチャレンジしていきたいと思います。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR