トヨタ、パナソニックと街づくり事業に関する合弁会社の設立へ

トヨタ、街づくりの新事業でパナソニックと協業

トヨタは2019年5月9日、街づくり事業に関する新しい合弁会社「プライムライフテクノロジーズ株式会社」の設立に向け、パナソニックと契約を締結した。なお、同合弁会社は2020年1月7日に設立を予定している。

両社の協業により、トヨタが進めるモビリティサービスへの取り組みと、パナソニックが進める「くらし」のアップデートへの取り組みを融合させつつ、街全体での新たな価値の創出を目指す。

車と住宅をつなぐ新時代の街づくりへ

トヨタとパナソニック、協業の背景

現在、自動運転等のモビリティの高度化や通信テクノロジーの発達、人口の減少等によって、家や街、そしてクルマのあり方が大きく変わりつつある。

具体的には家電や住宅設備などの急速なIoT化や、モビリティにおけるCASE、車・公共交通などの移動手段をITでつなぎサービスとして提供する「MaaS」などが進展し、暮らしと移動手段という観点から見た街づくりの価値が「立地」から「生活を支えるサービスインフラの充実度」へと移行している。

郊外に先進的な都市開発の構想

住宅地に不向きな土地を先進的に都市開発し、住宅や家電、モビリティのサービスにおいて差別化を図ることで、両社の強みを活かし新たな街づくりを行う。

両社の強み

街づくり事業においては、トヨタはこれまで、クルマのコネクティッド化を通じて「モビリティサービス・プラットフォーム」の構築を進め、ビッグデータを活用したサービスに取り組んできた。

一方、パナソニックでは先進的な街づくりとして、「サスティナブル・スマートタウン(最先端の技術やサービスを取り入れ、持続的に進化する街)」の開発に様々な企業と取り組み、国内外から注目を集める先端事例として成功を収めてきた。

トヨタ自動車:豊田社長のコメント

CASEの進展によって、これから先は人々の暮らしを支える全てのモノ、サービスが情報でつながり、クルマを含めた町全体、社会全体という大きな視野で考えること、すなわち、“コネクティッド・シティ”という発想が必要となります。

この実現には「どんな未来を創りたいのか」という目的を共有し、仲間と協調する精神が重要になってくると思います。

両社の住宅事業を核としながら、クルマやコネクティッド事業を持つトヨタと、家電や電池、IoT事業を持つパナソニック両社の強みを持ち寄り、競争力を高めながらベターベターの精神で、新たな生活スタイルの提供にチャレンジしていきたいと思います。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる