MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース 日産 新型「シルフィ」を世界初公開|上海モーターショー2019

自動車ニュース 2019/4/16 15:39

日産 新型「シルフィ」を世界初公開|上海モーターショー2019

日産 新型「シルフィ」を世界初公開
日産 新型「シルフィ」を世界初公開日産 新型「シルフィ」を世界初公開日産 新型「シルフィ」を世界初公開日産 新型「シルフィ」を世界初公開画像ギャラリーはこちら

日産 新型「シルフィ」を中国・上海にて世界初公開

日産は、2019年4月16日から同年4月25日まで開催される上海国際モーターショー2019において最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新型「シルフィ」を世界初公開した。

新型シルフィは燃費性能を向上させた新しいパワートレインを採用し、より低重心でワイドなスタンスとともに空力性能を向上させたエクステリアデザイン、広々として質感の高いインテリアとともに、シームレスなコネクティビティ機能と最新の安全技術が搭載されている。

>>ついに公開! 新型「シルフィ」どこが変わった? 画像で見る(17枚)

新型シルフィの主な特長

流線型のスポーティな外観

日産 新型「シルフィ」を世界初公開

新型シルフィは、低い重心と流線形のエクステリアデザインにより空気抵抗を低減し、GT-Rと同等のCd値0.26を実現している。

フロントには日産デザインを象徴するVモーショングリルを、リアにはブーメラン型のLEDライトを採用し、サイドはダブルウェストラインを特徴としている。

ラグジュアリー感のある内装

日産 新型「シルフィ」を世界初公開

ワイドスタンスとロングホイールベースによって実現した広い室内空間には、人間工学に基づいて設計されたソフトで快適なシートを採用。

またインテリアはスポーティなブラック、ライトグレー、そして特別色のタンの3色が用意されており、シートにはダイヤモンドカットのキルト柄があしらわれている。

空調システムは3つの吹出口を備えており、統合スイッチをコントロールすることで左右のフロントシートとリアシートにそれぞれ送風することができる。

さらにインストルメントパネル中央の8インチモニターに加え、7インチの高解像度TFTモニターが装備されている。

エンジンと安全性能

新型シルフィは最新のHR16DE型エンジンとエクストロニックCVTを搭載し、燃費性能を向上させるとともに、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を高めている。

またスマートフォンとシームレスにつながり、ボイスコマンド機能を採用するなどコネクティビティ性能も向上させている。

さらに「インテリジェントトレースコントロール」や「インテリジェントライドコントロール」「踏み間違い衝突防止アシスト」、「前方衝突予測警報」「後側方車両検知警報」「車線逸脱警報」「後退時車両検知警報」「ふらつき警報」など、ドライバーをサポートする最新技術や先進の安全装備が多数搭載されている。

コンセプトカー「IMs」と「IMQ」も中国で初公開

日産 電気自動車のコンセプトカー「IMs」日産 クロスオーバーコンセプトカー「IMQ」

2019年北米国際自動車ショーにおいて初公開された100%電気自動車のコンセプトカー「IMs」と、クロスオーバーのコンセプトカー「IMQ」も中国で初公開される。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 シルフィ の関連編集記事

日産 シルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シルフィ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR