autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産「リーフe+」を発表|航続距離を40%向上

自動車ニュース 2019/1/9 12:23

日産「リーフe+」を発表|航続距離を40%向上

日産「リーフe+」を追加
日産「リーフe+」を追加日産「リーフe+」を追加日産「リーフe+」を追加日産「リーフe+」を追加画像ギャラリーはこちら

新開発e-パワートレインにより、航続距離を40%向上

日産「リーフe+」を追加

日産は、「リーフ」に新開発e-パワートレインを採用し、パフォーマンスと航続距離を向上させた「リーフe+」を同年1月23日に発売する。価格は416万2320円~472万9320円(税込)。

「e+」の名称は、エネルギー密度が増したバッテリーと、よりパワフルなパワートレインに由来している。航続距離を約40%向上させるリーフe+を追加したことで、リーフはより幅広いユーザーのドライビングニーズに応えることが可能となった。

なお、今回のリーフe+の発表にあわせ、日本においては「リーフ」についても「踏み間違い衝突防止アシスト」と「LEDヘッドランプ」を全車標準装備とするなど仕様を向上した。「G」「X」グレードでは「Apple CarPlay」に加え、新たに「Android Auto」へも対応。さらに「X」グレードには16インチアルミホイールを標準装備した。また「NissanConnect EV」アプリには、充電スポットの「満空情報表示」機能も追加された(本機能は2019年春採用予定)。価格は366万1200円~399万9240円(税込み)。

>>デザインがスタイリッシュ!「リーフe+」の内外装を画像でみる

日産自動車 副社長 ダニエレ スキラッチ氏のコメント

「『リーフe+』は、『ニッサン インテリジェント モビリティ』の取り組みをさらに進化させます。リーフe+の追加により、お客さまはニーズやライフスタイルにあわせて、より幅広い選択肢の中からパワートレインや最新の技術、仕様装備を選ぶことができるようになり、リーフの利便性や魅力はより一層向上しました。リーフは効率的で持続可能なモビリティ社会の実現に向けて、引き続き重要な役割を担っていきます。そして、お客さまや世の中にクルマを超えた価値を提供する、新たな常識を創り出していきます。」

「リーフe+」主な4つの特徴

航続距離を40%、加速時間を15%、エネルギー容量を55%向上

日産「リーフe+」を追加

・「リーフe+」は、優れたエネルギー効率とさらなる高出力、高トルクを実現する新開発e-パワートレインを搭載。高い静粛性や俊敏な加速性能などを特長とする現行「リーフ」は航続距離322km(WLTCモード)を実現しているのに対し、「リーフe+」はさらに約40%長い航続距離(458km(WLTCモード))を実現。

・「リーフe+」は、最高出力160kW、最大トルク340N・mを実現し、高速走行時の加速性能を大きく向上させた。例えば、80km/hから100km/hへの加速時間は約15%短縮し、高速道路の合流や追い越しのシーンではよりスムーズなドライビングが可能となった。さらに最高速度も約10%向上。

・「リーフe+」のバッテリーは、エネルギー密度を約25%向上させ、室内空間やデザインを犠牲にすることなく、容量を55%向上。また「リーフ」と同様にバッテリー容量は8年16万km保証される。

・「リーフe+」は、最大出力100kWの急速充電に対応しており、従来の50kWで急速充電した場合に比較して充電時間の短縮が図られ、使い勝手が向上した。

運転支援機能を強化、駐車時の操作をよりスムーズに

・「リーフe+」には、「リーフ」と同様に「プロパイロット」と「プロパイロット パーキング」が設定されている。プロパイロットは、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようステアリング操作を支援し、ドライバーの運転負荷を軽減する。プロパイロット パーキングはステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを駐車が完了するまで自動で制御する。(「プロパイロット パーキング」は日本と欧州市場向けモデルにのみ設定)

・「リーフ」にはアクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速、停止までをコントロールすることができる技術「e-Pedal」が搭載されている。「リーフe+」では、「e-Pedal」の制御を車両重量の変化に合わせて最適化し、さらに後退時の制御を見直すことで駐車時などの操作をよりスムーズなものとした。

・「リーフe+」には、「リーフ」と同様に「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」「LDW(車線逸脱警報)」「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ」「BSW(後側方車両検知警報)」「RCTA(後退時車両検知警報)」「インテリジェント アラウンド ビュー モニター(移動物検知機能付)」など、充実した先進安全技術が採用されている。

スマホアプリから充電開始タイマーやエアコン操作も

・日産のコネクテッドサービス「NissanConnect」のスマートフォンアプリを使い、クルマのバッテリー残量を確認したり、最適な時間で充電を開始するようタイマーをセットしたりすることが可能。また、最寄りの充電施設を探したり、クルマに乗り込む前にエアコンを作動させて、車内を快適な温度にしておくこともできる。

スリークでモダンなデザイン

日産「リーフe+」を追加日産「リーフe+」を追加

「リーフ」の外装の特徴の1つが、ダイナミックでスリークなシルエットと優れたエアロダイナミクス。フロントには日産デザインを象徴するVモーショングリルを採用し、その内側にはクリアーブルーの3Dメッシュパターンを配した。リアコンビランプには特徴的なランプシグニチャーを採用。

また「リーフe+」の内装はリーフと同様に、機能性が高く広々とした、上質感とハイテク感にあふれる室内空間となっている。シートやドアトリム、ステアリングホイールなどに鮮やかなブルーのステッチを施した。

「リーフ」「リーフe+」グレード・価格一覧

e+ G

・駆動方式:2WD

・バッテリー容量:62kWh

・価格:472万9320円

e+ X

・駆動方式:2WD

・バッテリー容量:62kWh

・価格:416万2320円

G

・駆動方式:2WD

・バッテリー容量:40kWh

・価格:399万9240円

X

・駆動方式:2WD

・バッテリー容量:40kWh

・価格:366万1200円

S

・駆動方式:2WD

・バッテリー容量:40kWh

・価格:324万3240円

※いずれも税込み

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR