autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW「ザ・ビートル」販売終了決定を記念して「ザ・ビートル・グラフィティ」開催

自動車ニュース 2018/11/5 18:57

VW「ザ・ビートル」販売終了決定を記念して「ザ・ビートル・グラフィティ」開催

長きにわたり愛され続けてきた「The Beetle」から今までの感謝を込めて…「The Beetle Graffiti」開催
長きにわたり愛され続けてきた「The Beetle」から今までの感謝を込めて…「The Beetle Graffiti」開催長きにわたり愛され続けてきた「The Beetle」から今までの感謝を込めて…「The Beetle Graffiti」開催長きにわたり愛され続けてきた「The Beetle」から今までの感謝を込めて…「The Beetle Graffiti」開催長きにわたり愛され続けてきた「The Beetle」から今までの感謝を込めて…「The Beetle Graffiti」開催画像ギャラリーはこちら

ビートルが愛された西海岸をイメージしたグラフィティアート展!

フォルクスワーゲンは、2019年で「ザ・ビートル」の販売を終了するにあたり、2018年11月1日から2018年11月28日までアート展「ザ・ビートル・グラフィティ」を、新虎通りCORE(東京都港区虎ノ門)にて開催している。

今回のアート展は、2019年で販売が終了になるザ・ビートルの、様々な体験や限定モデルなどを用意する「See You The Beetle」プロジェクトの一貫として開催するものである。

1960年代にアメリカ西海岸で大流行したビートルと同じ時代に西海岸で発達したグラフィティアートを通じて、日本のビートルファンにも、ビートルが愛された西海岸の自由で楽しい雰囲気を感じてもらいたいとの想いで企画された。

起用したのは日本を代表するグラフィティークルーであるSCAcrew。

ビートルをモチーフにした横12.6m×高さ3.9mの巨大アートは、見るものを魅了する存在感である。

>>ポップで個性的なアートを画像でみる

日本を代表するグラフィティクルー、SCAcrewとは

日本のグラフィティシーンにおいて90年代黎明期から現在まで、日本を代表するグラフィティクルー。その圧倒的な画力と斬新な作風で多くのファンを魅了し、注目を集めている。

アーティストであると同時にザ・ビートルのファンでもあり、彼らのビートルに対するリスペクトから今回のコラボが実現した。

開催地は注目のアートな街、虎ノ門

虎ノ門は、東京オリンピックに向け、多くの再開発プロジェクトが進み国際新都心として生まれ変わろうとしている。

なかでも東京の新たなシンボルストリート「新虎通り」沿道のビルの壁面を活用したMURAL ARTPROJECTや、虎ノ門ヒルズに設置されたパブリック・アートなど、アートを生活の一部ととらえる、新たなカルチャーの発信地としても注目を集めている。

開催地は、虎ノ門と新橋を結ぶ新虎通りに面する「新虎通りCORE」。

オフィスや店舗、イベントスペースからなる複合施設で、小割りのインキュベーションオフィスを開設するなど、ベンチャー、メディア、クリエイティブ系企業からも熱い注目を集めている。

今回そこでの最初のアート展として「ザ・ビートル・グラフィティ」が開催される。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン の関連編集記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR