autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバルと米・ベル社が民間向け最新型ヘリ「412EPX」で事業協業を発表

自動車ニュース 2018/7/17 11:08

スバルと米・ベル社が民間向け最新型ヘリ「412EPX」で事業協業を発表

関連: スバル
SUBARU BELL 412EPX

スバルと米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社(ベル社)は、イギリスのファンボロー空港にて開催中のファンボロー国際航空ショーにおいて、陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター(UH-X)のプラットフォームであり、2018年7月に型式証明を取得した民間向け最新型ヘリコプターであるSUBARU BELL 412EPX型機での事業協力を発表した。

412EPXは、これまで412型機の多用途性や信頼性に対する高い評価を維持しながら、さらに能力を向上させた機体である。メイン・ローター・ギアボックスの強化、ドライラン能力の向上、最大全備重量を1万2200ポンド(約5500kg)まで増加、マスト・トルク出力向上11%(飛行速度60ノット[約111km/h]以下)等の性能改良によって、輸送能力と運航効率が向上した。

なお、412EPXは、スバルとベル社から世界のユーザーに向けて提供していく予定。また、民間型試作機は、ベル社施設(カナダ・ミラベル市)で試験を重ね、2018年7月5日に米国連邦航空局から型式証明を取得した。

2015年にスバルは、防衛省との間で現在の陸上自衛隊向けUH-1Jの後継機である、UH-X開発プロジェクト立ち上げ事業の試作請負契約を締結した。

412EPX型機をベースにしたUH-Xは、日本の複雑で狭隘な地形でも人命救助を可能とする。UH-XはUH-1Jの後継機として、2022年より陸上自衛隊向けに納入が開始される予定で、離島防衛や災害救助における活躍が期待されている。

各コメント

▼ベル社社長兼CEOのミッチ・スナイダー氏

「60年前に陸上自衛隊に最初にヘリコプターを納入して以来、ベル社とスバルは長年のパートナーであり、UH-Xおよび412EPXでもこの素晴らしい関係が継続、発展することを期待しています」

▼スバル航空宇宙カンパニープレジデントの戸塚 正一郎氏

「ベル社と協力のもと、412EPXをもって当社の民間機ビジネスを大いに発展させていきたい」

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル の関連編集記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連編集記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR