autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ「Gクラス」39年目の進化…フルモデルチェンジで何が変わった?

自動車ニュース 2018/6/12 16:08

メルセデス・ベンツ「Gクラス」39年目の進化…フルモデルチェンジで何が変わった?

メルセデス・ベンツ 新型Gクラス発表会の様子
メルセデス・ベンツ 新型Gクラス 上野氏とブリュンハルト氏メルセデス・ベンツ 新型Gクラス発表会メルセデス・ベンツ G55 エクステリアメルセデス・ベンツ G55画像ギャラリーはこちら

メルセデス・ベンツのロングセラーモデル「Gクラス」がフルモデルチェンジを実施し、2018年6月6日より注文受付を開始しました。納車は8月下旬以降を予定しています。価格(消費税込)は、G 550が1562万円、メルセデス AMG G 63が2035万円です。

Gクラスは1979年にデビューして以来、芸能人やスポーツ選手の愛車としても注目され、「ゲレンデヴァーゲン」という愛称で親しまれてきました。今回は、誕生から39年目を迎える新型Gクラスのどこが変わったのか、写真と共にお届けします。

>>新型Gクラスの内外装デザインを画像でチェック!(88枚)

新型Gクラスのエクステリアデザインはどこが変わった?

メルセデス・ベンツ G55 エクステリア

ボディサイズが拡大

今回の改良により、ボディサイズ*は、従来モデルと比べると、全長が4817mm(+53mm)、全幅が1931mm(+64mm)と拡大しており、オフローダーとしてさらに強い存在感を発揮しています。*欧州参考値による比較

Gクラス独自のデザインを踏襲

メルセデス・ベンツ 新型Gクラス発表会

新型Gクラスのエクステリアは、堅牢なプロテクションモール、テールゲート外側のスペアタイヤ、外部に設けたドアヒンジとボディ面に載せるスタイルのボンネット、突出したウィンカーなど、オフローダーとしての個性を主張するデザインや装備をスクエアフォルムに搭載し、Gクラス独自のデザインをそのまま受け継いでいます。

なお、エクステリア上の特長のひとつであるフラットなフロント/サイド/リアウィンドウは、リアウィンドウを除いてすべて微細な曲面を描いており、オフローダーとしての個性を継承しながらもエアロダイナミクスを向上しています。

最新のメルセデスデザイン

一方、今回の改良により、新デザインのフロントラジエターグリル、フロントバンパー、丸形のLEDヘッドライト/LEDリアコンビネーションランプを採用しており、Gクラスの個性を色濃く残しながらも、最新のメルセデスデザインを採用しました。

>>新型Gクラスの内外装デザインを画像でチェック!(88枚)

新型Gクラスのインテリアデザインはどこが変わった?

メルセデス・ベンツ AMG G63 インテリア

エクステリアパーツをモチーフにインテリアがデザインされた

新型Gクラスのインテリアは、オフローダーとしてのGクラスの伝統と最新のメルセデスのデザインが融合した室内空間に仕上がっています。アイコニックなエクステリアパーツをモチーフにインテリアがデザインされました。

Gクラスの特徴的な円形ヘッドライトの形状は左右のエアアウトレットやウィンカーをイメージしたスピーカーなどに取り入れられ、インテリアでもその個性を強調しています。

さらに、助手席前方のグラブハンドルや、3つのディファレンシャルロックを操作するクローム仕上げのスイッチなどは、今回の改良においても、Gクラスならではのインテリアパーツとして継承されています。また、厳選されたレザーや上質なウッドトリム、随所に施されたシルバー加飾などを採用し、ラグジュアリーな個性を強調しました。

ワイドスクリーンコクピット

新デザインとなったインストゥルメントパネルは、12.3インチの高精細ワイドディスプレイ2枚が1枚のガラスカバーの下で視覚的に融合したワイドスクリーンコクピットとなっています。

さらに、コントローラーを備えたタッチパッド(センターコンソール上)を採用し、触覚的な反応と車載スピーカーからの音によるフィードバックにより、前方の路面から目を離すことなく操作することが可能です。

ステアリングを電動機械式ラック&ピニオン式のステアリングへ変更

メルセデス・ベンツ AMG G63 インテリア

今回の改良により、ステアリングは、従来のボール&ナット形式から電動機械式ラック&ピニオン式のステアリングへ変更し、ドライビングフィーリングを大幅に改良しました。

選択したドライブモードに応じて、「コンフォート」、「スポーツ」、「オフロード」の3セットのステアリング特性を切り替えることが可能となり、オンロードでは快適またはスポーティな操舵感が確保される一方、未舗装の不整路では直接的で正確なフィードバックが得られます。

また、電動機械式に切り替えることで、パーキングアシストやアクティブレーンキーピングアシストなどの運転支援システムを搭載することが可能となりました。

室内各部も大型化

新型Gクラスは、大型化に伴い室内各部のサイズを拡張し、運転席と助手席だけでなく後席の居住性も大幅に向上しました。なお、後席シートは分割可倒式で60:40と変更可能。Gクラスのシートは、いかなる走行状況においても安全かつ快適に移動できるようにラテラルサポートが強化されています。

>>新型Gクラスの内外装デザインを画像でチェック!(88枚)

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Gクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!