autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバルの“歩行者保護エアバッグ”が自動車技術会賞を受賞、JNCAPの総合評価はクラウン越え1位

自動車ニュース 2018/5/30 18:35

スバルの“歩行者保護エアバッグ”が自動車技術会賞を受賞、JNCAPの総合評価はクラウン越え1位

関連: スバル
スバルの歩行者保護エアバッグ

自動車工学および自動車技術の向上発展を奨励することを目的として、公益社団法人 自動車技術会から授与される「自動車技術会賞」の第68回受賞者が2018年5月24日に発表され、スバルの技術者5名が、歩行者保護エアバッグシステムの開発に関して「技術開発賞」を受賞した。

自動車技術会賞は1951年に創設されたもので、そのうち技術開発賞は過去3年間に自動車技術の発展に役立つ新製品または新技術を開発した個人および共同開発者に贈られる。

スバルは、画期的に安全性を向上させる歩行者保護エアバッグを、普及しやすいシンプルな構造で実現したことが高く評価された。この日本メーカーとして初となるスバルの歩行者保護エアバッグは、2016年10月に発売されたインプレッサより全車標準装備され、続くXV(2017年5月発売)、新型フォレスター(今夏発売予定、先行予約中)にも全車標準装備している。

なお、新型インプレッサスポーツ/G4と新型XVは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)で、過去最高得点となる199.7点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞している。最高得点が更新されるのは、トヨタ クラウンが189.7点を獲得した2013年度以来3年ぶりだった。

関連記事>>スバル 新型インプレッサと新型XVが日本車で一番安全なクルマに! クラウンが持つ安全性能最高得点を3年ぶりに更新

第68回自動車技術会賞「技術開発賞」

●受賞テーマ:シンプルな構造で画期的に性能が向上する歩行者保護エアバッグシステムの開発

●受賞者:株式会社SUBARU:橋本善之氏、国沢礼紀氏、久田岳夫氏、太田一宏氏、加藤肇氏

スバル の関連編集記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連編集記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!