発売間近!スバル 新型「インプレッサ」価格は200万円を切る!?

新型インプレッサ スポーツ/G4がいよいよ発売!

スバル 次期インプレッサ

2016年3月24日に米国・ニューヨークで開催された「ニューヨーク国際自動車ショー2016」にて、米国仕様の新型インプレッサが発表され大きな話題に!さらに、4月20日には日本でも初披露されました。

>>新型インプレッサを写真で見る

そんな新型インプレッサは今秋発売とされていますが、価格は正式に発表されていません。しかし、販売店が配布する暫定版の価格表によると、スポーツとG4は同じ設定で全車がCVT(無段変速AT)を装着していることがわかりました。そして価格は以下の通りです。

新型インプレッサの価格(暫定版)

・1.6i-Lアイサイト 2WD:192万2400円/4WD:213万8400円

・2.0i-Lアイサイト 2WD:216万円/4WD:237万6000円

・2.0i-Sアイサイト 2WD:237万6000円/4WD:259万2000円

まだあくまでも暫定版なので正式発表され次第オートックワンでも速報でお届けします。

簡単に新型インプレッサの特徴を振り返ってみましょう。

新型インプレッサではプラットフォームが変わる

SGP(スバルグローバルプラットフォーム)

・スバルは、次世代プラットフォームとして開発を進めている 「SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバルグローバルプラットフォーム)」 (=SGP)を新型インプレッサに採用する。

・「SGP」は、スバルのコア技術である「水平対向エンジン」「シンメトリカルAWD」「アイサイト」と共に、次世代のスバル車を構成する基盤となる技術。

・「SGP」は2016年中に発売される新型インプレッサを皮切りに、今後独自開発する全てのスバル車に採用される。

「SUBARU GLOBAL PLATFORM」とは?

スバル 次期インプレッサ

・スバルらしい動的質感が徹底的に磨き上げられていて、スムーズさや気持ち良さなど「感性の領域」で質の高い走りを実現。

・具体的には、操舵時の無駄な挙動がなく路面に吸い付くように「まっすぐ走れる」、ステアリングやフロア、シートの振動を大幅に低減することで「不快な振動騒音がない」、車体の揺れを現行比で50%低減した「快適な乗り心地」など。

スバル 次期インプレッサ

・重心高を現行比5mmダウン。より安定した走りを実現しており、高性能なスポーツモデルと同等の高い危険回避性能が得られている。

・衝突エネルギー吸収率を現行車比で1.4倍に向上、世界最高水準の衝突安全性能を実現できるポテンシャルを持つプラットフォームに。

エンジンやトランスミッションも変わる

スバル 次期インプレッサ
スバル 次期インプレッサ

・新型インプレッサからFB型2.0L水平対向直噴エンジンを新たに採用(北米仕様)、従来型自然吸気エンジン比で約90%の部品を刷新し軽量化を実現することで、出力と燃費の向上を両立。(日本向けに設定される排気量などの仕様は未発表)

・トランスミッションには改良型リニアトロニックを採用。加速性能と燃費性能の向上を両立しているほか、全車にオートステップ変速を採用するとともに、マニュアルモードについては7速化。ドライバーのイメージ通りの気持ちの良い加速感を実現する。

新型インプレッサのエクステリアは実直な正常進化を遂げる

スバル 次期インプレッサ

・新型インプレッサのエクステリアは現行型のスバル各車と同じく、ヘッドライトやヘキサゴングリルなど水平対向エンジンや航空機メーカーのDNAといったスバルのアイデンティティが表現されている。

・新型インプレッサではリアウインドウのハイマウントストップランプの設置場所と形状を工夫することで、後方視界とスタイリッシュなトランクを両立させている。

インテリアはワイドボディ化で左右の空間が広く

スバル 次期インプレッサ
スバル 次期インプレッサ

・ワイドボディ化により左右の乗員の間が広く、センターコンソールやシフトノブまわりの余裕が従来よりも大きくなった。身体の大きな方が座っても圧迫感のない広さに。

・視界の良さは継承されつつ、ワイドになった分開放感が増し、ドアミラーと三角窓まわりの視認性も良好。

・シートの掛け心地、表皮の手触りや各部のコシなどもレガシィ級に。

新型インプレッサの主な仕様(北米仕様)

スバル 次期インプレッサ(ニューヨーク国際オートショー2016)

ボディタイプ:セダン・5ドア/ボディサイズ(全長×全幅×全高):<セダン>4,625×1,777×1,455mm <5ドア>4,460×1,777×1,455mm/ホイールベース:2,670mm/エンジン:FB型2.0L水平対向4気筒直噴DOHC NA/排気量:1,995cc/ボア・ストローク:84×90mm/出力:152hp/トランスミッション:リニアトロニック/駆動方式:シンメトリカルAWD/タイヤサイズ:205/55 R16、205/50 R17、225/40 R18/乗車定員:5名

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル インプレッサG4の最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサG4のカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサG4の中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサG4の記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサG4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる