autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、次期フィットに直3ターボエンジンを搭載!ハイブリッド仕様もアクアを超える!?【マガジンX 3月号】

自動車ニュース 2016/1/28 11:52

ホンダ、次期フィットに直3ターボエンジンを搭載!ハイブリッド仕様もアクアを超える!?【マガジンX 3月号】

1)次期フィットに直3ターボ

ホンダ フィット(現行モデル)

すでに開発中であることが公表されているホンダの1L直3ターボエンジン。その搭載車第1号に次期フィットが選ばれた。電動デバイスに頼ることなく34km/Lを達成するというから驚きだ。また、1.5Lハイブリッド仕様はアクアを凌駕する燃費を叩き出す見通しだ。

2)GT-Rの2017年モデル捕獲

日産 GT-R

熟成の域に達しているGT-Rの最新モデルを海外でキャッチ。2017年モデルとして今秋にもリリースされる同車は空力特性を改善すべく、エアロパーツに改良が施される模様だ。また、あわせて静粛性にも磨きがかかって快適性も大幅に向上しそう。

3)NSXを待ち受ける「明」と「暗」

ホンダ 次期NSX

年内発売に期待が高まるNSXはモデルライフ後半の落ち込みを防ぐために、さまざまな策がすでに検討されている。そのひとつがオープントップ仕様で、2022年頃に加わる予定。一方、廉価版として投入される計画だった2WDモデルは開発が中止された。その事情に迫る。

4)次期カムリに2.5Lターボ

日本では知名度が下がりつつあるが、北米やオセアニア地域ではファミリーセダンの定番として支持されているカムリは17年秋に生まれ変わる。トヨタが取り組むダウンサイジング過給が取り入れられ、海外では直4ターボが新たにラインナップ。

5)レクサスLC500hの秘密

デトロイトショーで披露されたガソリンエンジン搭載のレクサスLC500。この後にはハイブリッド仕様のLC500hも控えている。そのシステムに新機構が用いられることが判明。より高い速度域にも対応してスポーツカーでもハイブリッドが成り立つことを証明する。

6)アメリカの好景気に便乗して日本車が元気!

カローラやオデッセイなど、車名は同じなのに日米でまったく異なるクルマたち。アメリカ向けは現地の好景気に合わせて手直しやモデルチェンジが施され、日系ブランドの魅力を見せつける。日本ではお目にかかれないクルマの最新事情をお届け。

Webでのご購入はこちら「月刊 ニューモデルマガジンX」公式ウェブサイト

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ フィット の関連編集記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連編集記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR