MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース NDロードスターのフィアット版だ!独自のエンジンとエクステリアを与えた「124スパイダー」

自動車ニュース 2015/11/19 14:27

NDロードスターのフィアット版だ!独自のエンジンとエクステリアを与えた「124スパイダー」

フィアット124スパイダー

FCAは米国LAで2シーターオープンスポーツカー、フィアット新型「124スパイダー」を公開した。

2013年にマツダとフィアットで2シータースポーツカーの生産に向けた事業契約を結び、当時はアルファ ロメオブランドからとの発表だったが、最終的にはフィアットブランドからの登場となった。

ベースとなるマツダ ロードスター(ND)は今年5月に発売をスタート。10月にはRSグレードも追加され、順調に販売台数を増やしている。

今回、発表されたフィアット新型「124スパイダー」は、初代が1966年に登場し、2016年で50周年を迎えるタイミングで、その名が復活する。

【フィアット 新型 124スパイダー 画像ギャラリー32枚】

フィアット124スパイダー

写真を見て分かる通り、ベースとなるロードスターとはエクステリアデザインは全くの別物。ロードスターの1.5リッターと2リッター(米国仕様)の直列4気筒自然吸気エンジンに対し、「124スパイダー」には最高出力160馬力、最大トルク250Nmを発生するマルチエア1.4リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。

このエンジンはすでにアバルトやアルファ ロメオでもすでに採用されているものだが、FR車用に縦置きされるのはこれが初めてとなる。

グレードは「クラシカ」と上位モデルの「ルッソ」。ボディカラーは全7色を用意する。

北米では2016年夏から発売を開始する。

フィアット124スパイダー

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フィアット の関連編集記事

フィアットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR