autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヨコハマタイヤ、「ブルーアース」がダイハツ新型「タント」に新車装着

自動車ニュース 2013/10/9 16:18

ヨコハマタイヤ、「ブルーアース」がダイハツ新型「タント」に新車装着

ヨコハマタイヤBluEarth A34

横浜ゴムは、ダイハツ 新型「タント」の新車装着用(OE)として、「BluEarth A34」の納入を開始した。装着サイズは155/65R14 75S。

「BluEarth」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランドで、優れた環境性能に加え、ドライバーや同乗者、周辺生活環境への負荷低減、“やさしさ”性能の実現を目指している。今回納入した「BluEarth A34」は「BluEarth」の基盤設計や材料技術を投入し、低燃費性能を高めながら安全性能と快適性能を保っている。

横浜ゴムは「BluEarth」テクノロジーを投入した市販用タイヤおよびOEタイヤの開発を積極的に進めており、OEタイヤは最新のエコカーやハイブリッドカーを中心に新車装着されている。市販用では「BluEarth」ブランドとして環境フラッグシップタイヤ「BluEarth-1」、ハイパフォーマンス低燃費タイヤ「BluEarth-A」、ミニバン専用低燃費タイヤ「BluEarth RV-01」、低燃費スタンダードタイヤ「BluEarth AE-01」の4商品をラインアップ。また、その他の市販用タイヤブランドでも「BluEarth」テクノロジーを搭載した商品を販売している。

ダイハツ 新型「タント」

軽乗用車No.1の広々開放感とミラクルオープンドアの採用など優れた利便性により究極の自由空間を実現し、さらに高い基本性能と安心・安全装備、28.0km/Lの低燃費を兼ね備えている。 ※ダイハツ工業調べ(2013年10月現在)、2WD NA車(JC08モード)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダイハツ タント の関連編集記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連編集記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR