MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ランボルギーニ「アヴェンタドール LP700-4」に、新たにシリンダー休止システムおよびスタート/ストップシステム搭載

自動車ニュース 2012/10/2 15:24

ランボルギーニ「アヴェンタドール LP700-4」に、新たにシリンダー休止システムおよびスタート/ストップシステム搭載

ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4

ランボルギーニは「アヴェンタドール LP700-4」に、シリンダーを休止およびスタート/ストップシステムを新たに追加装備し、2013年モデルには多くの新カスタマイズ・オプションを設定すると発表した。(2012年9月27日・イタリア)

新たに搭載されるスタート/ストップ・システムは、停止状態(例:信号待ち)から再始動する際のエネルギーを「スーパーキャップス」と呼ばれる高性能コンデンサーから供給する。これにより非常に素早い再始動が可能となる。V12エンジンのフルパワーは、従来よりも大幅に早い0.18秒で利用可能となった。

さらに、スタート/ストップ・システムは、軽量化デザインが施され3kg重量が削減されている。従来のバッテリーは車両の電装品にのみ使用されるので、わずかなスペースに搭載可能で、実質的に車両の寿命まで使用することができる。

シリンダー休止システム(CDS)は、負荷が少ない状態で車速が135km/h以下の場合、片側のシリンダーバンクを休止させ、エンジンは直列6気筒で作動する。この状態からドライバーがアクセルペダルを少しでも踏み込むと、515kW/700psのパワーを誇るV12エンジンが即座に復活。

スタート/ストップ・システムおよびCDSは迅速に作動し、その作動にドライバーが気づくことはほとんどなく、圧倒的な走行性能に悪影響が及ぶこともない。また、効率性に大幅なメリットをもたらし、アヴェンタドールLP700-4の平均燃費が7%向上し、16L/100kmとなっている。高速道路を約130km/hで走行した場合、燃料消費量とエミッションは約20%削減。トータルで、アヴェンタドールのCO2排出量は398g/kmから370g/kmへと低下している(数値はすべてイタリア本国道路にて)。

また、アヴェンタドールのシャシー・セットアップも、より堅いスプリングと最適化されたダンパーの組み合わせにより、乗り心地が大幅に向上。「ディオーネ」デザインの新しい鍛造アロイ・ホイールも新たに設定された。

他にも、軽量素材のカーボンファイバーを広範囲に使用し、モノコック・ボディには、かなりの部分にCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)を採用している。

ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ランボルギーニ アヴェンタドール の関連編集記事

ランボルギーニ アヴェンタドールの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ アヴェンタドール の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR