軽スポーツモデルの真打、「スズキ アルトワークス」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】(4/6)

軽スポーツモデルの真打、「スズキ アルトワークス」の実燃費を測ってみた【燃費レポート】
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス 画像ギャラリーはこちら

スズキ アルトワークス燃費レポート/郊外路編

スズキ アルトワークス

アルトワークスはハンドリング、乗り心地もいい意味でピリリとしたホットハッチらしいスパイスの効いたものであった。

アルトワークスの郊外路での印象をお伝えする前に、ターボRSの印象を振り返ってみると、こちらも動力性能はワークスと同等の670㎏という軽さのおかげで軽のスポーツモデルと思えない申し分のないものを持つ。

しかし、ワインディングロードなどでもペースを上げると、5AGSの変速スピードが特にシフトアップの際に遅く、俗にトルク抜けと言われる空走感を覚えるケースが多々ある。ハンドリングも、標準モデルのアルトと同じくハンドル操作に対する車の動きがスローなのと、そこまで硬いという訳でもない足回りも相まって、乗り心地はそれほど良くないという中途半端さを感じる。

総合すると「130万円以下というパワーのあるちょっとスポーティなアルトと考えればまあ納得できる、せめてMTも設定して欲しかった」という若干ネガティブな印象であった。

アルトワークスはターボRSからすると、目が覚めるようなスポーティなフィーリングに生まれ変わった。

まず、ハンドリングは概要で書いた電動パワーステアリングのセッティング変更によるものなのか、ハンドル操作に対する車の動きがホットハッチらしいシャープなものになった。それに加え、ターボRSと標準モデルで曖昧だったステアリングセンター(中立)付近のフィーリングもしっかりとした落ち着きが感じられ、フロントタイヤのグリップもドライバーに明確に伝えてくれるものとなった。

スズキ アルトワークス

そして足回りもターボRSに比べ当然硬くロール自体は少ないのだが、意外に良質なダンパーを使っているのかロールの起き方はごく自然なもので、荒れた路面に対しても跳ねるようなこともなく、路面の追従も良好だ。

それだけに軽自動車の全幅の小ささ、670㎏という軽さ、クロスされたギアを駆使してついつい不要なギアチェンジを楽しみながら(実際には全域においてトルクの太いパワーバンドの広いエンジンなので、シフトダウンをするより上のギアをキープしたまま走った方が楽で速いのだが)ワインディングロードを走ると、常識的なペースで走っているだけでもドライビングに没頭でき、運転が非常に楽しい。

また車重670㎏の軽自動車という車そのものに対してパワーのあるFFだけに、スタートで高めのエンジン回転でクラッチをミートした際やヘアピンコーナーの脱出で荒くアクセルを開けるとホイールスピンを起こすこともあるが、パワフルと言っても軽乗用車のパワーだけに危険なことも少なく、安全な範囲で車との格闘(車と格闘するというのは本来よくない運転であるが、ホットハッチのような車であればこういった性格のものがあってもいい)を楽しむという乗り方もできる。

乗り心地も上質とまではいえないが、硬い割には路面の凹凸に対し足回りがよく動いており、路面が荒れたところではゴツゴツした硬さを感じることもあるが、それも許容範囲で、アルトワークスの性格に非常にマッチしたものとなっている。

スズキ アルトワークス

全体的にアルトワークスはコンパクトカーのスポーツモデルとしては登場から時間は立っているものの、完成度の高さやコストパフォーマンスの高さで人気となっているスイフトスポーツにもう一振りスパイスを掛けたような印象で、実にホットハッチらしい楽しいクルマに仕上がっている。

郊外路での燃費は高速道路と同等の20.5㎞/Lを記録した。楽しく走れる代償の燃料代としては非常にリーズナブルなもので、これだけの燃費を記録した要因はやはり軽さであろう。欲を言えば郊外路のペースでも5速2000回転以上エンジンが回ってしまうことが多々あり、6速MTになればなお好ましい。

スズキアルトワークス郊外路における実燃費/20.5km/L

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スズキ アルトワークスの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ アルトワークスのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ アルトワークスの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ アルトワークスの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ アルトワークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる