マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(1/5)

マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費レポート/永田恵一
マツダ 新型アクセラハイブリッド マツダ 新型アクセラハイブリッド フロントイメージ マツダ 新型アクセラハイブリッド リアイメージ マツダ 新型アクセラハイブリッド フロントマスク マツダ 新型アクセラハイブリッド リアビュー マツダ 新型アクセラハイブリッド サイドビュー マツダ 新型アクセラハイブリッド タイヤ&ホイール マツダ 新型アクセラハイブリッド エンジンルーム マツダ 新型アクセラハイブリッド インパネ マツダ 新型アクセラハイブリッド メーター マツダ 新型アクセラハイブリッド「MAZDA CONNECT」 画像ギャラリーはこちら
マツダ 新型アクセラハイブリッド フロントイメージ

2003年に初代モデルが登場したマツダ アクセラは、登場以来約370万台が販売され、今ではマツダの年間販売台数の3割以上を占める基幹モデルの1台だ。アクセラの車格は、欧州でいうCセグメント(フォルクスワーゲンではゴルフが代表車種)に属しており、ライバル車が非常に多く激戦となるセグメントである。

アクセラは、昨年2013年10月にフルモデルチェンジした新型モデルで3代目となるが、そんな新型アクセラにおける最大の特徴は2つ。

1つ目は、スカイアクティブテクノロジーを余すことなく盛り込んだこと(CX-5、アテンザに続く第3弾)。2つ目は、日本車としては初となる、“ガソリンエンジン”“ディーゼルエンジン”“ハイブリッド”という3つのエンジン仕様をラインナップしたことだ。

マツダ 新型アクセラハイブリッド エンジンルーム

そして、今回実燃費テストを行う「新型アクセラハイブリッド」のハイブリッドシステムはトヨタから技術供与されており、プリウスのハイブリッドシステムと共通部分が多いのが特徴。

トヨタで「THS-Ⅱ」と呼ばれているこのハイブリッドシステムは、発電用と駆動用のモーターを持ちエンジンが作った動力は遊星ギアを介して発電用と駆動用に振り分けられる。バッテリー残量が多いときや負荷が低いときにはEV走行も可能で、ニッケル水素バッテリーや電動エアコンといった重要部分もプリウスと共通だ。

新型アクセラハイブリッド独自の部分は、主としてエンジンとハイブリッドシステムをマネージメントするソフトウェアだ。

新型アクセラハイブリッドのエンジンは、出力よりも全体的な効率を重視した「2リッターガソリンエンジン」を搭載。スペック的にはエンジン、モーターともにそれぞれプリウスと同様の「99ps」と「82ps」で、システム合計出力もプリウスと同じ「136ps」となる。

マツダ 新型アクセラハイブリッド 燃費テストスタート時に撮影

注目の燃費は、アクセラハイブリッド全グレードで「30.8km/L」(JC08モード)と、プリウスの主力グレードの燃費「30.4km/L」を上回る数値を実現している。

新型アクセラのボディタイプは、5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類だが、ハイブリッドが設定されるのは4ドアセダンのみとなる。

今回の実燃費テストでは、新型アクセラハイブリッドでは最上級モデルとなる「ハイブリッド-S Lパッケージ(262万5,000円)」を使用。テスト日時は1月16日(木)の午前8時に出発し、午後8時頃に帰着するというスケジュールで、次回レポートする新型アクセラセダン15S(ガソリンエンジンモデル)と同時に行った。天候は晴天で、最高気温が9度という冬場の平均的な気候、交通量は市街地の混雑がやや激しいといった状況だった。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

マツダ 新型アクセラハイブリッド 試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

マツダ 新型アクセラハイブリッド 試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

マツダ 新型アクセラハイブリッド 試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

1 2 3 4 5 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ アクセラの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アクセラのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アクセラの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アクセラの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アクセラのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる