マツダ ロードスターがサバンナGT(RX-3)に大変身! 未来の自動車整備士を育成する専門学校NATSが手掛けた斬新奇抜なカスタムモデル「NATS RX-Cabriolet」【東京オートサロン2023】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

2023年1月13日(金)〜15日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催されていた東京オートサロン2023。

今回はオートサロンではお馴染み、学生主導でユニークなカスタムカーを作り上げ、出展する整備士養成学校「NATS(日本自動車大学校)」のド派手なモデル「NATS RX-Cabriolet」をご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 整備士の卵が手がけるカスタムカーは毎年好評! NATS(日本自動車大学校)とは
  2. ロードスターが伝説の片山サバンナをモチーフに大胆イメチェン!|NATS RX-Cabrioletの外装(エクステリア)
  3. ロードスターの良さも残しつつ、現代に蘇ったサバンナGT|NATS RX-Cabrioletの内装(インテリア)
  4. 制作した車両は公道走行を目指す!

整備士の卵が手がけるカスタムカーは毎年好評! NATS(日本自動車大学校)とは

東京オートサロンの常連校! 毎年驚くようなカスタムカーを出展

東京オートサロン2023の会場ではさまざまなカスタムカーが展示されていました。整備士養成学校のNATS(日本自動車大学校)もオートサロンでは常連の出展者の1つです。

オートサロンで行われているカスタムカーコンテストではグランプリを1回、部門最優秀賞を9回、優秀賞を9回獲得した実績を持っています。

東京オートサロン2023でも学生の手によるカスタムカーなど7台が展示されていました。

その中で今回取り上げるのはマツダのオープンカーである現行ロードスターを同じマツダのサバンナGT(海外名:RX-3)風に仕上げた「NATS RX-Cabriolet」です。

ロードスターが伝説の片山サバンナをモチーフに大胆イメチェン!|NATS RX-Cabrioletの外装(エクステリア)

1976年にJAFグランプリでレース参戦通算100勝を達成したマツダ サバンナGT。「ロータリーに敵なし」とまで言わしめた伝説のレーシングドライバー、片山義美さんが操る「片山サバンナ」と呼ばれるマシンがありました。黄色と緑色、黒色が混ざったインパクトのあるカラーリングで、白いストライプが入った「片山ワークスカラー」が特徴的です。

NATS RX-Cabrioletは、この片山サバンナをオマージュしたカスタムカーとなっています。

特徴的なカラーリングはそのままに、丸目4灯のヘッドライトやメッシュグリルを装着。

流麗なボディラインが特徴的なロードスターとは全く異なる角ばったボディの造形は主に鉄板で作られています。この鉄板の成型も学生が手作りしたもの。

「ロードスターのフェンダーやボディと合わせていく板金加工が特に苦労した」と学生は語ります。NATS RX-Cabrioletはチームのメンバーが得意とする分野をそれぞれ分担し、丁寧に作り上げたモデルとなっていました。

もちろん「カブリオレ」の名の通り、ロードスターと同じオープンカーになっています。

ロードスターの良さも残しつつ、現代に蘇ったサバンナGT|NATS RX-Cabrioletの内装(インテリア)

NATS RX-Cabrioletの内装(インテリア)には、ベースとなった現行ロードスターの面影が残っています。

しかし、カラーリングはボディカラーに合わせて緑色が効果的に配色されていて、とてもおしゃれです。

インテリアはベースである現行ロードスターから大きく変更されているものはありませんが、外装(エクステリア)のインパクトとは真逆に新しさ、安定さを感じられ、新旧が上手く組み合わさり、現代に蘇ったサバンナGTという印象でした。

制作した車両は公道走行を目指す!

NATSでは学生たちが授業の一環として、カスタムカーやレストアカーの制作をしています。そしてオートサロン用に学生たちが制作したこれらの車両で車検を取得し、テストランキャラバンと呼ばれる卒業旅行を毎年行っています。

果たして本当に車検に合格し、無事にナンバープレートを取得することができるのでしょうか。NATS RX-Cabrioletが公道を走る姿はきっと往年のサバンナGTファンから若い世代の車好きに至るまで、誰もがワクワクするものに違いありません。そんな夢を見させてくれるカスタムカーに仕上がっていました。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる