軽EV「IMk」の市販プロトタイプ「K-EVコンセプトXスタイル」が東京オートサロン2022で初披露! 一充電での航続距離は200km前後か!?

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:森山 良雄/茂呂 幸正/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
東京オートサロン2022の三菱自動車ブースには、2019年の東京モーターショーに日産が軽ハイトワゴンのEVとなるコンセプトカーとして出展したIMkの市販車のプロトタイプである「K-EVコンセプトXスタイル」が出展された。本来なら昨年の東京モーターショーに出展予定だったコンセプトカーなのかもしれない。

出展により公式に明らかになった点は少ないが、軽自動車だけではなく、日本の自動車業界に与える影響が大きそうなK-EVコンセプトXスタイル。ここでは過去の発表と独自取材から日産と三菱自動車のEV軽ハイトワゴンの市販車を展望してみた。

目次[開く][閉じる]
  1. EV化を想定されていた日産デイズは三菱eKのプラットフォームを使用!
  2. エクステリアはほぼ三菱 eKクロス! インテリアも同様のものが想定される
  3. 買い物や送迎など近場での利用にピッタリの200kmくらいの航続距離を期待したい
  4. 国の補助金を利用して200万円くらいの価格が想定される

EV化を想定されていた日産デイズは三菱eKのプラットフォームを使用!

写真の通りK-EVコンセプトXスタイルは軽ハイトワゴンの日産 デイズ、三菱 eKワゴンとekクロスのEV版と理解して差し支えない。

クルマの土台となるプラットホームは軽EV専用ではなく、EV化も想定されていた日産 デイズ&ルークス、三菱 eKといったFFの軽乗用車用のようだ。

エクステリアはほぼ三菱 eKクロス! インテリアも同様のものが想定される

エクステリアがeKクロスそのものだけに、公開されなかったインテリアも日産 デイズ&三菱 eKに手を加えたものと思われる。

「K-EVコンセプトXスタイル」のエクステリアがeKクロスに準じているだけに日産、三菱ともに標準車と日産版にはデイズ同様にハイウェイスターもありそうだ。

買い物や送迎など近場での利用にピッタリの200kmくらいの航続距離を期待したい

公表されているのはバッテリー容量がかつての三菱 i-MiEVと日産 リーフの初代モデル標準タイプの中間となる20kWhという点くらいだ。

航続距離は発表されていないが、カタログに載るWLTCモードで200km、冷暖房を使う実用で140から160km程度を期待したく、このくらいの航続距離があれば近距離での利用が多い軽乗用車には十分という人も多いだろう。

そのほかアウトドア用途に加え、あっては欲しくない災害の際などにも役立つ給電機能が装備されることは公表済み。自動ブレーキ&運転支援システムも、日産 デイズ(ルークス)&三菱 eKと同等のものにはなるだろう。

国の補助金を利用して200万円くらいの価格が想定される

最大の注目ポイントとなる価格は国からの補助金を使った実質的な価格で200万円と言われている。さらに地方自治体からの補助金がある地域だと、補助金を併用した実質的な価格が150から180万円となることも考えられる。

ターボエンジンの高性能な軽ハイトワゴンだと200万円近くになるのが珍しくない相場感を考えれば、軽EVの価格も十分にリーズナブルだ。1回の走行距離が短い軽乗用車とEVの相性は抜群なのに加え、軽乗用車が多い地方なら、自宅などに充電のための200V電源が付けやすいケースは多い。

さらに、地方ではガソリンスタンドが減っている中、電気はどの家庭にもある上にランニングコストもガソリンは変動があるのに対し、電気代は家庭での充電ならほぼ一定かつガソリンより安価と、日産と三菱のEV軽ハイトワゴンには大ヒットの予感しかしない。

軽だけでなく日本の自動車業界に影響は大きそうだ

それだけにこのクルマが軽自動車業界だけでなく、日本の自動車業界に与える影響は多大なものとなるに違いない。いずれにしても2022年中頃までには登場すると思われる日産と三菱のEV軽ハイトワゴンは注目したい存在だ。

【筆者:永田 恵一】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる