マイナーチェンジなのに変わりすぎ! 三菱 エクリプスクロスがイメージチェンジに成功したワケとは!?

画像ギャラリーはこちら
新生三菱の第一弾として2020年12月4日にデビューした新型エクリプスクロスは、マイナーチェンジにもかかわらずPHEVモデルの追加、さらにデザインの大幅変更などフルモデルチェンジ並みの改良を施している。チマタでは「かなりカッコよくなった」と評価が高く、販売面においても若年層が増加しているなど、今大注目のモデルなのだ。でもなぜマイナーチェンジという限られた範囲で、ここまでイメージチェンジを果たせたのか? 三菱のデザインチームに直撃してみた。

全長14センチ拡大で大人な雰囲気に

そもそも三菱 新型エクリプスクロスはミドルサイズSUVで、三菱の主力車種に位置付けられるモデルである。

2018年にデビューし、2020年12月に比較的規模の大きなマイナーチェンジを受けた。この際に2019年に追加したクリーンディーゼルターボを廃止し、PHEV(充電可能なハイブリッドシステム)モデルを新たに追加。ボディサイズと外観のデザインに大きな変更を施したのだ。

ボディサイズは全長を140mm伸ばして4545mmとしている。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2670mmで変わらないため、ボディは前輪よりも前側で35mm、後輪よりも後ろ側で105mm、それぞれオーバーハングを拡大。前後オーバーハングを伸ばした大きな理由は、PHEVを設定したからだ。

>>【新旧比較】新型のど迫力フェイスに注目! 新旧エクリプスクロスのボディを画像で比較

PHEVは直列4気筒2.4Lエンジンを搭載して、前後にはモーターと制御機能を配置しており、12Vの補機バッテリーを後部に収めている。これらのシステムのために、エクリプスクロスPHEVは、ボディの前後を拡大する必要があったのだ。

そしてボディの拡大に伴い、改良後のエクリプスクロスは「ダーリング・グレイス/大胆にして優雅」というデザインコンセプトを新たに採用。オーバーハングの短い従来型は、外観が軽快に感じられたが、長く伸ばされることにより落ち着いた雰囲気となった。そこでデザインコンセプトにも優雅さを加え、サイズの拡大に応じた変更を施している。デザイナーは「大人の余裕といったイメージ」と説明している。

それに伴いボンネットの角度も変更。先代型は前方に向けた傾斜角度が大きめだったが、マイナーチェンジ後は水平に近付けている。その結果フロントマスクの厚みが増した印象だ。

ライト配置を逆に!? 最新のダイナミックシールド採用でイメージ様変わり

フロントマスクはダイナミックシールドと呼ばれる今の三菱車に共通するデザインだが、ヘッドランプの配置は大幅に変更している。従来型はヘッドランプを高い位置に水平配置する一般的な形状で、ダイナミックシールドの特徴とされるバンパー部分の両側には、ターンランプとフォグランプを組み込んでいた。

だが新型エクリプスクロスは、ヘッドランプとフォグランプがバンパー部分に移され、もともとヘッドライトが設置されていた高い位置にはターンランプ/ポジションランプ/デイタイムランニングランプが並ぶ。この改良後のレイアウトは、設計の新しいほかの三菱車(eKクロス/eKクロススペース)にも準じているモノだ。

>>【新旧比較】配置変更でこんなに変わる!? 新旧モデルのヘッドライトを画像で比較

バンパーの下側に装着されたスキッドプレートも変更され、フロントマスクの厚みが増して、ランプ類の配置も見直したことにより、SUVらしく存在感の強い顔立ちとなった。オーバーハングの拡大と相まって、ダーリング・グレイスの雰囲気も際立せているのだ。

ちなみに外観を水平基調に近付けたことで運転席からボンネットの表面が見やすくなり、ボディの先端や車幅がわかりやすくなっているのもポイントだ。

>>SUVらしさマシマシ! 新型エクリプスクロスの顔をじっくり画像で

デザイン大胆変更の理由はPHEVの価格設定にあった

ここまでデザイン変更した背景には、PHEVの価格設定も要因のひとつだ。PHEVは高価格帯であり、売れ筋グレードとなるGやPは400万円をゆうに超える。そこで従来型に比べてデザインの質を高める必要が生じたのだ。外観の装飾も、最上級のPはスキッドプレートの配色をボディ同色とするなど、ほかのグレードと差別化を図っている。

その一方でもともとエクリプスクロスは、リヤゲートを寝かせるなど、外観をクーペ風に仕上げており、この特徴はマイナーチェンジ後も踏襲している。

賛否両論あったダブルウィンドウをやめたワケとは!?

だがボディ後部のリヤゲートは大幅に変更されている。従来型はリヤウィンドウを上下に二分割していたいわゆるダブルウィンドウを採用していたが、マイナーチェンジ後は一般的な1枚に変更。

従来モデルは後方視界の上下方向が広く確保されて外観もかなり個性的であり、ボディを横方向から見ると、リヤゲートが短く、後端部分を垂直にカットしたような軽快感もあったのだ。

マイナーチェンジ後にこの形状を廃止した理由は2つある。まずリヤオーバーハングを105mm伸ばしたことだ。天井部分とリヤピラー(柱)は設計上変えられず、リヤゲートの変更のみで、リヤオーバーハングの拡大に対応している。そうなるとリヤウィンドウが従来よりも後方へ長く伸びるから、垂直にカットするリヤゲート形状は採用しにくい。仮にリヤウィンドウを二分割しても、下側の上下幅が薄くなってしまい、意味をなさないため、一般的な形状にしたのだ。

>>【新旧比較】旧型のデザインも捨てがたい!? エクリプスクロスの変わりすぎた後ろ姿がコレだ

2つ目の理由は、ダーリング・グレイスと掲げられたデザインコンセプトだ。縦長のテールランプと二分割リヤウィンドウを備える従来型よりも、横長のテールランプに通常のリヤゲートを組み合わせた改良後の方が、優雅で落ち着いた雰囲気になる。つまりボディサイズの制約とデザインコンセプトの両面から、リヤゲートの形状を変更したというわけだ。

最小の投資で最大の効果を得たデザインの凄ワザとは

チーフデザイナーを努めた中神 秀泰氏は「今回のエクリプスクロスのマイナーチェンジは凄く苦労した」という。全長を140mm伸ばしながら、天井、ピラー、ドア、フェンダーなどの基本部分は変えられず、ボンネット/リヤゲート/前後バンパーの変更だけで対応しているからだ。

しかもエクリプスクロスは、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げる個性的なウェッジシェイプが特徴だ。ボンネットやフロントマスク、切り詰められたボディの後部、二分割ウィンドウを備えるリヤゲートまで、すべてウェッジシェイプのサイドビューを中心に構成されている。その結果、独特の躍動感、軽快感、カッコ良さが表現されていたのだ。

にもかかわらずマイナーチェンジでは、基本部分は変えずにボンネットを水平に近づけ、リヤゲートを後方に伸ばして、全長も140mm拡大。これでは車両全体のプロポーションが崩れてしまい、クルマ全体としてバランス良く見せるため「凄く苦労した」わけだ。

エクリプスクロスのマイナーチェンジには、PHEVの搭載という技術的な側面まで含めて、数々の苦労が伴った。その代わり開発費用を抑えながら、フルモデルチェンジのような進化を達成している。今回のエクリプスクロスの開発は、有るべきマイナーチェンジの本質を突いたものといえるだろう。

【筆者:渡辺 陽一郎】

三菱/エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロスカタログを見る
新車価格:
253.1万円447.7万円
中古価格:
173.2万円454.2万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

三菱 エクリプスクロスの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 エクリプスクロスのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 エクリプスクロスの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 エクリプスクロスの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 エクリプスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる