世界最高峰で安売りが生んだ誤解、親子ワールドチャンピオン誕生の裏で事件が(1/2)

  • 筆者: 山口 正己
  • カメラマン:メルセデス・ベンツ/フェラーリ
世界最高峰で安売りが生んだ誤解、親子ワールドチャンピオン誕生の裏で事件が
F1 GP 2016 最終戦 アブダビGP F1 GP 2016 最終戦 アブダビGP F1 GP 2016 最終戦 アブダビGP F1 GP 2016 最終戦 アブダビGP 画像ギャラリーはこちら

史上2組目の親子でF1ワールドチャンピオン

F1 GP 2016 最終戦 アブダビGP

2016F1GPが終わった。21戦で闘われた最後のレースは、ヤス・マリーナ・サーキットを夕暮れ時にスタートしたアブダビGP。ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンが終始リードして優勝したが、ニコ・ロズベルグが2位に入って2016ワールドチャンピオンを決めた。父ケケ・ロスベルグとのチャンピオンは、グラハム/デイモン・ヒルに続く史上二組目の親子ワールドチャンピオンの偉業になった。

そのレースの終盤のルイス・ハミルトンの“動き”が話題になっている。

最終戦でポイントリーダーのロズベルグとハミルトンの差は12点。ハミルトンが逆転するには、優勝してロズベルグが4位以下という厳しい条件の中で、ハミルトンはレースをリードして終盤を迎えたが、ロズベルグは2位。このままいけばレースで優勝しても年間チャンピオンへ逆転はできない。しかし、ハミルトンはあきらめなかった。残り15周辺りから、ペースをコントロールし始めた。チームから、「ペースを上げろ」の指示が出たが無視。ハミルトンは自分のペースでレースを制御し続けた。タイヤ交換を終盤まで引っ張ってペースが速いフェラーリとレッドブルがロズベルグの後ろに迫っていた。ハミルトンはペースを落としてロズベルグに3位以下を近づけて、ロズベルグを抜かせようと企んだのだ。

「正々堂々としていない汚い手だ」という意見もあったが、「ワールドチャンピオンを命懸けでも取ろうとして、そんな手もあったのか!」という称賛の意見も多かった。メルセデスにしてみれば、余計なリスクを背負わずに、キレイに最終戦を飾りたかった。だからハミルトンのペースアップを命じたのだが、ハミルトンは無視した。チャンピオンを取るために走っているのだから当然。僅かでも可能性が残っているなら、そこにかけるのが闘う者の使命だ。ハミルトンはそれを全うした。

そもそも、F1GPはドライバー選手権として始まり、いまでもそれがベースに息づいている。

>>F1GP2016最終戦 アブダビGPの様子を写真でみる

2016年F1チャンピオンの答えはニコ・ロズベルグ

F1 GP 2016 最終戦 アブダビGP

以前もお伝えしたフォーミュラカーのタイヤが飛び出している理由も、ドライバーの闘いであることの裏付けだ。タイヤ同士が当たって危険な状況になるのを避けるのはドライバーの仕事。いや、テクノロジーでタイヤ同士の接触を防げる、という意見は正しい。しかし、だとしたら、タイヤをむき出しにしておく意味がない。さっさとカバーして、空力的にも有利になるようにした方がいい。

第一スポンサーのための面積も増える。しかし、フォーミュラカーは、むき出しのタイヤで、接触しないようにギリギリの闘いをドライバーがするところにこそ存在意義がある。どこまで行っても優先されるべきは“人”ということだ。ここがタイヤがカバーされているスポーツカーのWEC(世界耐久選手権)と違うところだ。

2016年のF1のチャンピオンと聞かれれば、答えは「ニコ・ロズベルグ」だ。「メルセデス」ではない。コンストラクター・チャンピオンには違いないが、F1GPのチャンピオンと聞かれたらドライバーの名を挙げるのが普通だ。反対に、WECの2016年チャンピオンは、「ポルシェ」であって、「マーク・ウェバー」ではない。ドライバーの能力も重要だが、順列はメーカーが前。

ところが、“ハミルトン事件”では、状況が違う方向に動く噂が出回っている。メルセデスがハミルトンを“造反”のカドで解雇する、という。これが本当なら世の中狂ってしまったとしか言いようがない。

>>F1GP2016最終戦 アブダビGPの様子を写真でみる

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山口 正己
筆者山口 正己

F1情報サイト[STINGER]http://www.f1-stinger.com/ 編集長 世界初のF1速報誌『GPX』創刊編集長記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる