autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン 海外試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2014/8/4 21:00

【試乗】メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン 海外試乗レポート/飯田裕子(1/3)

【試乗】メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン 海外試乗レポート/飯田裕子

新型Cクラス ステーションワゴンを一足お先に海外で試乗!

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン

「メルセデス・ベンツ Cクラス」は日本では新型セダンが発売されたばかりだけれど、ドイツでは早くもステーションワゴンの国際試乗会が開催された。

フランクフルト空港の建物を出ると、背を向けてズラリと並ぶCクラス ステーションワゴンが私を出迎えてくれた。

新型Cクラス セダンと同様、ステーションワゴンについても先代より立体感が増してデザイン性が強く感じられる、期待通りのバックスタイルへと仕上げられている。だが、ステーションワゴンのほうが機能的なカタチと見て取れる分、セダンよりも“よい意味”でややコンサバな印象も受ける。

“華と実(用)”のバランスは、悪くない。

ボディは大きくなったが、アルミの採用率アップで軽量化も拡大

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン

では、そんな新型Cクラス ステーションワゴンの中身は、どのような変貌を遂げているのだろうか?

試乗ルートは、フランクフルト空港を出発し約250km離れたデューデスハイムまでの往復。市街地からワインディング、アウトバーンなど様々なシチュエーションでCクラス ステーションワゴンの性能を試した。

まず、試乗の前に新型Cクラス ステーションワゴンのボディサイズやデザインの特徴について、ご紹介しておこう。

ステーションワゴンのボディ構造は、セダンを踏襲。高剛性とより高度な軽量化を求めて、種類の異なる部材を適材適所に採用する『アルミニウム ハイブリッドボディ』は、アルミの採用率を49%も高めて65kgも軽く造られている。

新型となる「W205」型のCクラス ステーションワゴンはセダンと同様にボディサイズは先代よりやや大きくなり、全長 4,702mm(+96mm) × 全幅 1,810mm(+40mm) × 全高 1,457mm(-3mm)。

ボディが大きくなっても軽く造るというのは、メルセデス・ベンツほどのプレミアムブランドであれば当然とも言えるけれど、そのために8種類の異なる製造方法を新たに採用するほど、このボディを造ることにこだわっていることをご紹介しておきたい。

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴンと飯田裕子さん

例えばステーションワゴンの場合、リヤゲートの骨格までオールアルミ製だ。これは、メルセデス・ベンツとしてはあのスポーツワゴン「CLSシューティングブレーク」に次いで採用された。これにより、ステーションワゴンのテールゲートは3.5kgの軽量化を達成している。

また、ホイールベースは2,840mmと80mm拡長され、これが主に後席の足元スペースを広げることに貢献。さらにステーションワゴンはテールゲートまで水平に伸びたルーフラインのおかげで、後席のヘッドクリアランスがセダンよりも若干広く、空間の快適性はこちらがやや有利。

ただ、先代よりも改善されたという後席の座面奥行長については、私にとってはまだ少しばかり物足りない、というのが正直なところだ。

デザインは新型Cクラス セダンを踏襲

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン

デザインは、内外装も含めてセダンと大きな変更はない。

基本的にデザインは2種類が用意されており、「AMGライン」を選択すればよりダイナミック&スポーティな雰囲気によって、マッシブさすら強めることができそう。

秋にデリバリーが始まる新型Cクラス 250スポーツのデザインは、このAMGラインがベースになっているようだ。

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン

ステーションワゴンの特徴と言えば、やはりテールゲート。先代の“入れ物のフタ”のようなノッペリとした印象から、新型Cクラス ステーションワゴンでは立体的な印象が強められている。

ボディ幅が広がっているにも関わらず“小尻”に見えるのは、リヤウインドウの面積がやや少なくなったことと、テールレンズを二分割しゲートとボディに渡らせることができたので、左右のライトを中央に向かって近づけることができたからだろう。

BMW 3シリーズやアウディ A4のステーションワゴン系にはすでに採用されている手法でもあるけれど、Cワゴンとしては初採用であり、7年ぶりのモデルチェンジの恩恵がここにもあると感じた。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR