【PR】あえてのサーティファイブ推し! AMG 35モデルがしっくりくるワケ|AMG A 35 & GLA 35(3/3)

画像ギャラリーはこちら

A 35最大の魅力はコンパクトなボディとしなやかな足

コンパクトSUVとしての扱いやすさと、AMGとしての速さを日常に高いレベルでバランスさせるGLA 35。その全方位的な高性能ぶりを味わった後、いわゆるコンベンショナルなコンパクトハッチであるA 35に乗っても、果たしてこれに魅力を感じられるのだろうか?

そんな不安があった筆者だったが、その予想はあっさり覆された。

その最たる理由となったのは、A 35のボディサイズである。

全長×全幅×全高は4440×1800×1410mm。全長こそGLA 35と同じながらもその全幅は50mm短く、全高は175mmも低い。

こうしたコンパクトボディに装着される足まわりは、GLA 35に比べて格段にしなやかなのである。逆を言えばGLA 35の高い重心でハイパワーを支えるには、それだけ引き締められたサスペンション剛性が必要だったということになる。

エンジンと対話するようにしてジェントルに味わう力強さ

出力は同じ、306PS/400Nm。100kg軽いボディで味わう加速感は一段と強烈かと身構えたが、出力特性はジェントリーだった。もちろん乱暴にアクセルを踏み込めば、のけぞるようなカタパルトダッシュを引き出すのは容易いが、それではあまりに子供っぽい。それよりエンジンと対話するようにじわっと右足を踏み込んで行くと、3000rpmを過ぎたあたりからグッと過給圧の高まりを感じ取ることができ、回転を上げるほどに力強さが増してくる様子がわかって楽しい。

この力強くも大人っぽい特性は、この足まわりがもたらすピッチングの穏やかさに加え、GLA 35に対して一段ギアが少ない7速DCTのギア比が影響しているかもしれない。しかしデュアルクラッチ自体のレスポンスは素早く、分厚いトルクによって動力性能に不満は全く感じない。むしろGLA 35よりも野太いサウンドで、気分を盛り上げてくれる。

特にワインディングでの身のこなしは上質だった。

セオリー通りの荷重移動でA 35はフロントタイヤのグリップを高め、ハンドルを切り込んで行くと頼もしく曲がって行く。操舵レスポンスにはピーキーさがまるでなく、ライントレース性も正確。ブレーキングからターンまで一連の動きに連続性があり、走れば走るほどA 35との対話が深まって行く。そしてアクセルを踏み込めば、ターボのレスポンスと共に気持ち良く立ち上がって行くことができる。

デイリーでも、ここ一発でも楽しめる「35モデル」の懐の深さ

A 45が積む「M139」エンジンは、サウンド、瞬発力、そして全開加速と、全ての面で「M260」の上を行く。さらに421PS/500Nmを発揮するハイチューンエンジンとは思えないほど、日常でのドライバビリティも高い。

ただM139エンジンでひとつだけストレスなのは、そのポテンシャルを35モデルが積むM260エンジンのようにライトに楽しむことができず、思い切り持て余してしまうところだ。踏めば弾けるその誘惑に抗うことに、日常ではちょっと疲れてしまうところである。

さらに足まわりは、GLA 45にしろA 45にしろ、この速さを支えるために35系に比べて一段と硬い。このサスペンションがしなやかに動く領域があるとすれば、それは間違いなくサーキットである。

それならもっとスウィートスポットがデイユース側にあるGLA 35で、その高性能を楽しみ尽くす方が満足度は高いのではないか? というのが筆者の、みなさんへの提案だ。

もっとも「45モデル」は、「35モデル」がいてくれるからこそ世界一のコンパクトハッチ/SUVを目指すことができるわけで、その突出した性能を手に入れたいという欲望が勝るなら、引き止めはしない。それもひとつの、エンスージアスティックな選択である。

45と35。それは月と太陽、光と影、お互いがお互いを支え合う存在なのだと思う。

>>メルセデスAMG 35/45モデルの解説はこちら

>>A 35とGLA 35の走りやデザインを写真でチェック!

メルセデス・ベンツ/Aクラス
メルセデス・ベンツ Aクラスカタログを見る
新車価格:
337万円436.3万円
中古価格:
13万円526.5万円
メルセデス・ベンツ/GLAクラス
メルセデス・ベンツ GLAクラスカタログを見る
新車価格:
508万円536.3万円
中古価格:
160万円656.9万円
前へ 1 2 3

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Aクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Aクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Aクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Aクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる