autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム なぜ減った? 正月飾りをつけるクルマ

自動車評論家コラム 2017/12/29 21:14

なぜ減った? 正月飾りをつけるクルマ

クルマに正月飾りをつけるレクサス
クルマに正月飾りをつけるレクサスクルマに正月飾りをつけるレクサスクルマに正月飾りをつけるレクサスクルマに正月飾りをつけるレクサス画像ギャラリーはこちら

正月飾りは少数派、正月文化の希薄化進む

最近、めっきり正月飾りを付けているクルマが減った。2017年12月28日時点で家の前を通りクルマをチェックしてみたら、100台中2台! もちろん12月31日までに飾るケースも多いだろうけれど、初めて自分のクルマを買った38年前を思い出すと、飾っていないクルマの方が少なかったほど。

>>正月飾りをつけたクルマ(画像9枚)

そこでオートックワンのツイッターでアンケートしてみたところ、434票の内、何と飾る方が少数派。しかも飾らない=89%に対いし、飾る=11%と大差! 28日時点で私の家の周りで2%という数字、珍しくないのかもしれない。参考までに書いておくと、私は家で年越しするマイカーの3台共、正月飾りをしています。

そもそも「なぜ正月飾り」なのかといえば、日本古来の風習といってよい。新年になるとやってくる「年神様」を迎えるという意味合いを持つ。

もちろん信じる信じないは人によって異なるだろう。興味深いことに人類の歴史を見ると、こういった文化を大切にしてきた民族の方が栄えている。

考えてみたら「家の玄関」の正月飾りも驚くほど少なくなった。2017年元日に自宅の近所を散歩してみたら、クルマと同じくらいの割合。これまた30年前なら、飾っていない家の方が珍しかったように思う。お節料理を食べない人の増加などと同じく、正月文化の希薄化の一つと言っていいだろう。

つける場所を間違えるとクルマを傷つけてしまう可能性も

クルマに正月飾りをつけるレクサス

参考までに書いておくと、スーパーなどで自動車用の正月飾りを買えば300円程度。一昔前と比べ大幅に安くなっただけでなく、飾りも凝っており装飾品としても通用するほど。緑のスダレに赤いエビの焼き物という簡易かつオーソドックスなタイプの方が少なくなった。というか、すっかり見かけない。

赤いエビの飾りはフロントグリルなどに付けるのだが、キチンと装着しないと吹き飛んでしまったり、走行風で激しく揺れたりした結果、エビの硬い部分でボンネットを傷付ける(新車に傷付けた経験あり)ことも。最新の飾りは吸盤などで室内に貼るタイプだから、取り扱いも容易。

飾るなら30日に。29日は「二重苦」とゴロが合いダメ。31日だと縁起の悪い一夜飾りということになる。また、昨年の飾りは使わない。新しい年神様を迎える「門」だからだ。300円程度の出資で縁起の良さや気持ちの良さを感じられることを考えたら、継承すべき風習だと思う。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

レクサス IS の関連編集記事

レクサス ISの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS の関連編集記事をもっと見る

レクサス IS の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!