レンジローバー イヴォーク 試乗レポート/河口まなぶ(1/2)

レンジローバー イヴォーク 試乗レポート/河口まなぶ
RANGE ROVER EVOQUE(レンジローバー イヴォーク)[左]とRANGE ROVER EVOQUE COUPE(レンジローバー イヴォーク クーペ)[右奥] エクステリア イメージ レンジローバー イヴォーク クーペ「ピュア(Pure)」[ボディカラー:フィレンツェ・レッド] フロント外観 レンジローバー イヴォーク クーペ「ピュア(Pure)」 リア外観 レンジローバー イヴォーク「プレステージ(Prestige)」[ボディカラー:バローロ・ブラック] エクステリア 画像ギャラリーはこちら

改めて実感する「デザインのチカラ」

レンジローバー イヴォーク クーペ「ピュア(Pure)」 エクステリアレンジローバー イヴォーク「プレステージ(Prestige)」 リアビュー

改めて、「デザインって大切だなぁ」と思うし、「デザインの魔法ってのは存在するんだなぁ」と、強く、強く思う。いま目の前にあるレンジローバー イヴォークを眺めていると。

そもそも最近、SUVに目を向かせるって、決して容易な事じゃない。マツダがCX-5を送り出したけど、アレだってディーゼルのスカイアクティブDがあるからまだ注目が集まるものの、日本市場での状況は極めて厳しいのだ。

しかも日本における輸入車、という立ち位置を考えたら、国産メーカーほどPRにお金をかけられるわけもない。そうした状況にも関わらず、ソーシャルメディアのタイムラインに「レンジローバー イヴォーク」の文字や写真がひしめいているこの状況は、やはりクルマそのものが強い力を放っているからに他ならない。

僕も初めて陽の光の下で見て、なるほど確かに魅力的! と思った。世界のショー会場でその姿を見ていたけれど、路上で見るとその魅力はさらに増したようにすら思える。そしてこのクルマには“あえて”手垢の付いた表現が相応しいように思えた。

SUVなのにスタイリッシュ。

心の底からスタイリッシュなんて言えるクルマって、実はなかなかない。しかしイヴォークは、確かにスタイリッシュと断言できる。

ただスタイリッシュ、なだけじゃない

レンジローバー イヴォーク「プレステージ(Prestige)」 オックスフォードレザーシート(アイボリー) フロントシート[インテリアテーマ:クチュール]レンジローバー イヴォーク「プレステージ(Prestige)」 [インテリアテーマ:クチュール]インパネ周りレンジローバー イヴォーク ラゲッジルーム[3名乗車時]レンジローバー イヴォーク「プレステージ(Prestige)」 リアシート[インテリアテーマ:クチュール]リアシート

イヴォークがエラいのは、スタイリッシュなのにしっかりと実用性・機能性を手に入れていること。

例えば、イヴォークはこれほどスタイリッシュながら、最低地上高は210mmと、フリーランダー同等以上のゆとりを実現してオフロードも厭わない。そして一方で、SUVにしてはかなり低く見えるルーフラインを持ち、3ドアの“クーペ”では1605mmとなる。

地上高があり、ルーフは低く見える…となると室内高が心配になるが、この辺りもしっかりと考えており、通常のレンジローバーよりは低めのスポーティな着座位置とすることで対応するなどしている。結果、スタイリッシュながら実用性/機能性にも優れる。

レンジローバー イヴォークの魅力は見た目だけにあらず!

レンジローバー イヴォーク クーペ「ピュア」 試乗レポート8レンジローバー イヴォーク「プレステージ(Prestige)」 試乗8

こうして、見た目だけでも既にかなり魅力的なレンジローバー イヴォークだが、多くの人は実際に走らせると強く「欲しい!」と思わされるだろう。見た目も良いが、走りはそれ以上に良いのだ。

まず端的にいって、いわゆるSUVから想像する緩さは微塵も感じない。ひと言で言ってしまえば、ドイツ車的なスッキリとロジカルな感じが走りには漂っている。

レンジローバーといえば、独自のストローク感ある乗り味・走り味を想い起こす方も多いだろうが、それも先代のレンジローバー辺りまでで、現行モデルでは穏やかで豊かな乗り味・走り味があるとはいえ、やはりロジカルな感覚が漂う。そうした部分をイヴォークは受け継ぐ。

それだけにダイナミクスの高さはピカイチで、ハンドリングもSUVの中では相当に意のまま感のあるものだといえる。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
河口 まなぶ
筆者河口 まなぶ

1970年生まれ。大学卒業後、出版社のアルバイトをしたのちフリーランスの自動ライターとなる。1997年に日本自動車ジャーナリスト協会会員となり、自動車専門誌への寄稿が増え、プレイステーション「グランツーリスモ」の解説も担当。現在、自動車雑誌を中心に一般誌やwebで自動車ジャーナリストとして活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー レンジローバーイヴォークのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー レンジローバーイヴォークの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー レンジローバーイヴォークの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー レンジローバーイヴォークのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる