車の冷却水とは|補充・交換の簡単な方法や頻度、水道水ではダメな理由を徹底解説

冷却水って何?どんな役割を果たす?

その名の通りエンジンの冷却を行ないオーバーヒートを防ぐ

車の冷却水は文字通り車のエンジンを冷やすための液体で、エンジンを搭載しているすべての車に使用されています。別名ラジエーター液やクーラント(ロングライフクーラント:LLC)とも言われます。

エンジンは使い続けると内部の燃焼や摩擦で高熱になり、いずれはオーバーヒートをしてしまいます。その状況を回避するためにこの冷却水でエンジンを冷やすことで異常加熱を避け、エンジンを長時間稼働し続けることができます。もし冷却水がなければ、エンジンは10分ともちません。

冷却水は水道水では代用できない!その理由とは!?

サビやエンジンの故障につながるので、必ず専用の冷却水を用意しよう

冷却水は水道水でも代用できるという噂を聞くことがありますが、これは絶対に使用しないようにしましょう。これには2つの理由があり、まず普通の水は寒冷地で凍結して膨張することで、エンジン内部の故障を招く可能性があります。

その点冷却水は凍らない成分が含まれており、水のように零下に達して凍結することがありません。ちなみにかつては不凍液と呼ばれていた時期もあり、現在使われているのはその進化版になります。

水を使用してはいけないもう一つの理由はサビが発生する可能性があるためです。水道水はただの水ではなく、カリウムやナトリウム、塩素などが混入しており、これがエンジン内部の配管を錆びさせる原因になってしまいます。

緊急時に一時的に水を入れるのは良いが、後で冷却水を入れ直しておく

出先で冷却水が漏れているのに気づいたときなど、緊急時であれば一時的に水を入れざるを得ない場合もあるかもしれません。車に入っている冷却水は、入っている冷却水の量に合わせて、原液を水で希釈して使用されています。そのため、不足分を少量の水道水で補充する分にはそれほど問題ありません。

しかし、あまり薄くなりすぎてしまうと、オーバヒートを起こしやすくなったり、エンジン内部のサビを発生させやすくなったりすることがあるので、後日きちんと水を抜き、冷却水を入れ直しておくようにしましょう。

この後で冷却水の交換手順を説明しているので、応急処置として水を使用した場合は忘れずに交換しましょう。

冷却水を点検する必要があるのはなぜ?

冷却水は少しずつ減少するので点検・補充が不可欠

冷却水は使い続けると蒸発して、徐々に減っていきます。またホース類のヒビなどが原因で冷却水が漏れ、急激に減少する場合もあります。そのため、冷却水の残量は定期的に確認する必要があります。

冷却水がいつの間にか減りすぎているとオーバーヒートする可能性がある

冷却水が減りすぎたまま走行を続けると、エンジンが冷却できず、オーバーヒートして車は動かなくなります。

もしもオーバーヒートが起きてしまった場合、エンジンは異音と共に停止します。停止だけで済む場合もありますが、白煙を上げて炎上したり、最悪の場合、爆発する場合もあります。過去には実際に、高速道路を走行中にエンジンがオーバーヒートして炎上、スピードが出ていて車両のコントロールが効かず、車体が横転したケースもあったようです。極端な例とはいえ、これくらい危ない可能性があることは認識しておきましょう。

オーバーヒートした場合は、すぐに安全な場所に車両を止めてエンジンを停止して自然に冷却するのを待ちましょう。

この際、エンジンルームから白い蒸気や煙が上がっている場合、むやみにボンネットを開けることは危険です。無理にボンネットを開ける必要はありません。

オーバーヒートを防ぐには

オーバーヒートにはいくつかの前兆があります。一番わかりやすいのは水温計を見ることで、これがC(クール)とH(ヒート)のうちHの方に近いとオーバーヒートの予兆です。

それ以外にもエンジンからの異音、異臭などで予知できる場合があります。またオーバーヒートが起きやすいのは夏の気温が高いとき、かつ、エアコンをかけるなど、エンジンを酷使する使い方をした場合です。

実際に冷却水を点検してみよう

まずは冷却がちゃんと行われているかチェック

上記でも触れたとおり、冷却がしっかり行われているのを確認する最も簡単な方法の1つは、車内にある水温計を目視する事です。この水温計にはH(ヒート)とC(クール)が記載されてあり、針がCに向いていれば問題なく冷却が行われている証拠です。

ただし停車している場合はCでも、動き出すとHに動くことがあるので、エンジンが暖まってきたタイミングでも確認するようにしましょう。また水温警告灯がついている車種も多いので、それでわかる場合もあります。

実際に冷却水タンクの液量を見る方法

次に実際に冷却水の残量をチェックする方法です。

ボンネットを開けてエンジンルームを見ると、タンクが設置されているのを確認できると思います。これはリザーブタンクといって、このタンクを見る事で冷却水自体を目視する事が可能になってきます。

タンクにはMINとMAX(車種によりLOWERとUPPER)の印がついていて、冷却水の液面がこの2つのゲージの間にあれば問題ありません。

※写真はボルボ XC40のエンジンルーム。このタンクは“リザーバータンク”ではなく“予圧タンク”または“エキスパンションタンク”と呼ばれる。

国産車に多い開放式ラジエータとは異なる密閉型ラジエータで、エンジンが高温の際、タンク内にも圧力がかかっているため注意が必要。高温時に不意に開けてしまうと、熱い蒸気で火傷の恐れがある。

冷却水とウォッシャー液のタンクを間違わないように!見分け方は?

よく間違えがちなのが、ボンネットの中には白いタンクがもう一つあり、そちらは窓ガラスなどに噴射するウォッシャー液である点です。車種によっては場所も近い距離に設置されていたりもするので間違えないように注意が必要です。

見分け方としては、国産車の場合、冷却水には赤や緑、紫といった着色がされています。ただし、輸入車の中には、上記以外の色や無色透明な冷却水もありますので、注意が必要です。

また、タンクに付いているキャップの色だけでは判断できない場合もありますので、車の取扱説明書をよく確認するか、整備工場やガソリンスタンドなどで確認してもらいましょう。

冷却水が減っている・濁っている場合は対策が必要

冷却水が足りないと、冷却性能が不十分なため早急に補充が必要です。冷却水はどんどん減るようなものではないので、減りが激しい場合は漏れている可能性があり、その修理も必要になります。

また冷却水が濁ってしまっていると、本来の性能が発揮できなかったり、思わぬ機関系トラブルを誘発したりする可能性があります。

冷却水の補充・交換について

まずは補充用の冷却水を入手しよう

冷却水を補充する上で知っておきたいのはその種類です。現在一般に使われている冷却水の種類は、大きく5つに分けられます。自分が乗っている車種にどの冷却水が合っているのか購入する前にしっかりと調べておくといいでしょう。

◆KURE(呉工業) ラジエターシステム スーパーロングライフクーラント NEW 青 (2L) クーラント液 [ 品番 ] 2110

冷却水の主な種類

1.低フリクションクーラント(一般的な冷却水)

2.クリーンディーゼル専用(クリーンディーゼルエンジン専用の冷却水)

3.ハイエンドスポーツクーラント(スポーツカーなど高級車・高性能エンジン搭載車用の冷却水)

4.超高性能冷却水(性能重視の特殊な冷却水)

5.競技用クーラント(競技車両用の冷却水)

冷却水の交換に必要な道具

では次に、冷却水以外で必要な工具・道具を確認しておきましょう。バケツやジョッキ、雑巾も必要となるので手元に置いておきましょう。

あとはリザーブタンクに流しこむだけの作業になりますが、この作業が意外と大変です。すんなりとタンクには入るものの、そこから奥に入り込んでいくまで小さなホースを通って行っかないといけない為、なかなか思うように入ってくれません

そんな中で役に立つ道具がクーラントチャージャーと呼ばれるものです。

このクーラントチャージャーがあれば、冷却水をこぼしたり漏らしたりすることなく安心して液体を入れる事ができます。自分で作業をするようであれば、是非とも持っておきたい一品です。

ちなみに冷却水の量の確認は少なくとも半年に一度、交換は2年に一度行うのが良いといわれています。

◆toolsisland (ツールズアイランド) スピルフリーファンネル クーラントチャージャー ラジエターメンテナンス TH547

冷却水の補充手順

1.補充用冷却水を準備

まずは補充用冷却水か、指定濃度まで薄めた冷却水を準備しましょう。

冷却水の濃度は、雪の降らない地域の場合は30%。雪が降り冬の寒さが厳しい地域では50%が理想です。

2.リザーブタンクに補充

そのあとにリザーブタンクのキャップを開けて、maxの目盛まで冷却水を入れます。もしもリザーブタンクがない場合は、直接ラジエーターの中に流し込むようになるでしょう。このとき、冷却水がエンジンにかかるとよくないので、こぼさないように安全にゆっくり入れましょう。

冷却水の交換手順

続いて冷却水の交換手順です。交換は補充に比べて頻度は低いですが、いざというときのために覚えておいて損はありません。

1.エンジンは冷えている状態で

最初に覚えておくことは必ずエンジンが冷えている状態で行う事です。熱されたエンジンの状態でラジエーターのキャップをあけると沸騰して熱された液が飛び出て火傷する恐れがあります。

2.コックを緩めて冷却水を出す

ラジエーターについているコックを回してキャップを緩める事で、冷却水を抜くことが出来るようになります。圧力がかからないように抜くとスムーズに抜けていくので、キャップなどは外すといいでしょう。冷却水が出てこなくなれば、コックを締めましょう。

3.真水を入れる

真水を投入したらエンジンをかけてしばらく放置します。そしてエンジンを止めたのちまたエンジンが冷えるのを待ちましょう。この過程を踏む事で、抜けきれなかった古い冷却水が完全に抜けます。この工程を2回繰り返せばかなり綺麗になるでしょう。

4.新しい冷却水を入れる

コックをしっかり締めて漏れない事を確認したら、次は新しい冷却水を入れましょう。

5.エア抜き

最後にエア抜きニップルと呼ばれる箇所を緩めて、中に入っている余計なエアを抜きます。このエア抜きニップルから冷却水が出てくればエア抜き完了です。

その後はエンジンを始動させ暖機しましょう。1時間ほど放置し、冷却水をラジエーターに循環させます。そうするとリザーブタンクの中の液が減る為、最後に所定の位置まで、追加で冷却水を入れたら終了です。

※冷却水の交換方法は車種により異なります。交換方法を間違えるとオーバーヒートの原因になってしまう場合がありますので、まずは、ショップやディーラーに相談しましょう。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる