autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 車のリサイクル料ってなに?リサイクル預託金について解説

自動車購入ノウハウ 2018/3/1 16:24

車のリサイクル料ってなに?リサイクル預託金について解説

自動車リサイクル法ってなに?

自動車リサイクル法をご存知でしょうか。新車や中古車を購入したことがある方なら「自動車リサイクル券」という書類を見たことがあるかもしれませんが、その書類に関係する制度になります。しかし、実際のところどんな制度なのか、どのようにお金が動いているのかをご存知の人は少ないかもしれません。今回はそんな自動車リサイクル法に関してご説明いたします。

自動車リサイクル法とは

自動車リサイクル法は平成17年(2005年)に施行されました。この法律が施行される前、自動車の解体処理は事業者の負担により行われておりました。しかし埋め立て費用の高騰により業者の負担が増え、不適切な方法での処理や、不法投棄が増え始めました。そこで、処理料金をあらかじめ購入者が支払うことで業者の負担を抑え、適切な処理を促そうという法律が施行されます。これが自動車リサイクル法です。

支払ったリサイクル委託金はどのように活用されるの?

支払ったリサイクル預託金は、国が指定する資金管理法人の(財)自動車リサイクル促進センターに預託され、その車が廃車になるときまで厳重に管理され、廃車処理に活用されます。使いみちは主に3つに分かれており、自動車を解体・粉砕して生じるシュレッダーダストのリサイクル、エアバッグ類のリサイクル、そしてカーエアコンなどに利用されるフロンガスの処理です。

リサイクル預託金を支払うタイミングとその金額相場

リサイクル預託金は新車購入時または中古車購入時、そして車検時に、その車の所有者が支払う義務を負います。金額は車種により異なっており、具体的な金額はメーカーのホームページなどで見ることができます。また車両タイプごとにだいたいの相場は決まっているので、気になる方は下記の表を見てみてください。

リサイクル預託金の車両タイプごとの相場

車両タイプ装備リサイクル預託金の相場
軽自動車・コンパクトカーエアバッグ類4個、エアコン有り7千円~1万6千円程度
普通乗用車エアバッグ類4個、エアコン有り1万円~1万8千円程度
中・大型トラックエアバッグ類2個、エアコン有り1万円~1万6千円程度
大型バスエアバッグ類2個、エアコン有り4万円~6万5千円程度

自動車リサイクル法の対象外となる車両

下記の車両は自動車リサイクル法の対象外になるので、所有していてもリサイクル預託金を払う必要がありません。

・被牽引車(キャンピングトレーラーなど)

・二輪車(原動機付自転車、側車付きのものを含む)

・大型特殊自動車

・小型特殊自動車

・その他(農業機械、林業機械、スノーモービル、公道走行不可能な競技用車両など)

今乗っている車を売ると、支払ったリサイクル預託金は戻ってくる

車両を売却した場合、既に支払っているリサイクル預託金は戻ってきます。基本的には査定額にこの金額も含まれますが、業者によっては査定額と別で支払われる場合があるので、査定を依頼する際に確認するようにしましょう。

リサイクル券は、リサイクル預託金を払った証明書

リサイクル券は、リサイクル預託金を適切に払ったという証明書のようなものです。新車・中古車購入、車検といったリサイクル預託金支払のタイミングで付与され、原則として次のオーナーに車を売るか、その車を廃車にするまで必要になります。車検証と一緒に大切に保管するようにしましょう。

車を売るとき、リサイクル券が無かったら

リサイクル券を紛失した場合、再発行をすることはできませんが、同じ役割を持つ書類を簡単に発行することができます。まず自動車リサイクルシステムのサイトから、「リサイクル料金検索」にアクセスしてください。ここで必要情報を入力し、そのページを印刷することで、リサイクル券の代わりにすることができます。なおここで必要となる情報は、すべて車検証に書かれています。

車両を海外に輸出する場合、リサイクル預託金はどうなる?

自動車リサイクル法ってなに?

車両を海外に輸出する場合も、日本国内での廃車処理が不要になるので、リサイクル料の還付を受けることができます。自動車リサイクルシステムの各種申請手続きのページから「中古車輸出車両専用」という書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、申請を行うことができます。

車両のリサイクル比率はどれくらい?

最後に、実際の車両のどれくらいの割合の部品がリサイクル可能なのかをご紹介します。御存知の通り自動車には膨大な数・種類のパーツが使われており、それ以外にも燃料や各種オイル、走行とともに蓄積する有害物質や汚れ、さらにバッテリーやモーターなどなど、どの程度リサイクルされるのかのイメージがつきづらいと思います。

自動車全体の90%がリサイクルされる

自動車リサイクル法ってなに?

じつは写真の通り、自動車全体のパーツの90%がリサイクル可能なのです。その中には、原材料として再び活用される金属やゴムのほか、熱エネルギーとして活用されるウレタン繊維、舗装材などに使われるガラスのように、別のものにも生まれ変わるものも含まれます。このうち、別の材料に生まれ変わる部位、処理に手間のかかるエアバッグやフロンガスの処理にリサイクル料が活用されるのです。

正しい理解で、環境負荷軽減へ

いかがでしたでしょうか。税金や車検と違い、今ひとつ仕組みがわかりにくい出費であるリサイクル預託金ですが、この記事を読むと、その重要さがお分かりいただけたかと思います。この制度のおかげで、今日も膨大な数の車が活躍し、一方で多くがその役割を終え、リサイクルされて生まれ変わっているのです。リサイクル費用を適切に支払うことで、自動車の適切な処理を応援しましょう。

あなたの愛車を最高額で売るために

売りたい価格で車を売れる、新感覚の車買取サービス“Ullo”!出品はフリマ形式で、最短50秒で可能です。

Ulloで車を売る3つのメリット

自分で値段を決められるので、納得感が段違い。

中間業者を挟まないから、高価買取が期待できる。

電話営業がないから安心。


>簡単入力で愛車の買取相場をチェックしてみる

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!