autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ ディーラーの下取りって本当に高く売れるの?

自動車購入ノウハウ 2018/3/1 10:42

ディーラーの下取りって本当に高く売れるの?

ディーラーの下取りって本当に高く売れるの?

今乗っている車を売却する場合、新車販売店に下取りしてもらう方法と、買取業者に買い取ってもらう方法の2つが一般的です。一見すると紛らわしい2つですが、どちらを選ぶかによって、金額やかかる手間・時間が大きく変わります。ここでしっかりと違いを把握し、よりよい条件で売れるようにしましょう。なお、ここではわかりやすいように、ディーラーに下取ってもらう方式を「ディーラー下取り」と呼びます。

ディーラーでの下取りと買取専門店での買取査定の違い

ディーラー下取りは主に次に購入予定の車(新車・中古車問わず)が決まっている場合に、その販売店に今乗っている車を下取ってもらい、その金額を次の車の購入金額から差し引いてもらう方式です。一方の買取方式の場合、車の買取を中心に行っている業者(1つまたは複数)に査定を依頼し、満足の行く買取額を提示した業者に売却する方法になります。

売却方法愛車の売却先
ディーラー下取り次の車を買う予定の販売店
一般的な買取中古車買取専門業者

ディーラー下取りのメリット・デメリット

ディーラーの下取りって本当に高く売れるの?

ディーラー下取りのメリット1:手間がかからない

ディーラー下取りを利用するメリットは何といっても、手間がかからないことです。次の車を買う予定のディーラーに引き取ってもらうことになるので、購入と売却の商談を並行して行え、担当する営業マンも同じです。別々に交渉する手間を省きたい、交渉相手は少ない方がいいという方には、おすすめの方法です。また下取りと購入のタイミングを合わせやすいので、車に乗れない期間が発生したり、反対に2台保管しないといけない期間が発生したりする心配もありません。

ディーラー下取りのメリット2:どんな車でも引き取ってくれる

ディーラー下取りのもうひとつのメリットは、状態が悪いなど価値のつきにくい車でも、引き取ってくれる点です。もちろん酷い事故車や故障車は対象外になる可能性はありますが、買取方式に比べると、大幅に確率が上がります。これは買取方式が、ある程度市場価値のある中古車を対象にしており、買い手がつくことを前提にしているためです。

ディーラー下取りのデメリット1:下取り額が安くなる

ディーラー下取りの最大のデメリットは、多くの人が気にするであろう、下取り額(買取価格)が下がりがちなことです。ディーラーの営業マンは買い替え予定のお客さんと商談する際、サービスとして値引きやオプション装備の無料化を提案してくれるのですが、このサービスで減った分の売上を、下取り額を抑えることで担保するのです。お客さんからしても、車を買う予定で来ているのに「もっと高く買い取ってくれないと契約できない」とは言いづらく、結果として高く買ってもらうのは難しくなります。

ディーラー下取りのデメリット2:他社メーカー車やカスタムカー、状態の悪い車はさらに不利

ディーラー下取りのもうひとつのデメリットが、販売店で取扱のないメーカーの車は下取り額が下がりやすい点です。ディーラーが下取りした車は基本的に自社や系列店で販売するので、他メーカー車だと売りづらい可能性が高くなります。またカスタムカーや状態の悪い車、修復歴のある車も同様で、それらを上手に売るネットワークとノウハウがないので、必然的に下取り額が低くなりがちです。これらの車両を正当に評価してもらって高く売るには、やはり買取店を利用するほうが良いかもしれません。

中古車買取専門店への査定依頼のメリット・デメリット

専門店への査定依頼のメリット:高く買ってもらえる可能性が高い

買取方式の最大のメリットは、買取額が上がる可能性が高いことです。買取業者は販売店(ディーラー)と異なり、買い取った在庫車両をほかに販売することで利益を上げています(販売先は他の業者だったり、自社のお客さんだったりします)。そのため在庫がなくなるのが死活問題で、買い取るモチベーションも必然的に高くなります。またディーラー下取りと異なり、メーカーや車種、修復歴や改造歴があっても、そのような在庫に強い業者に転売するノウハウがあるので、不当に価値が下がることがありません。カスタムカーの場合、人気のパーツがついていたりすると、反対に金額がアップする場合もあります。

専門店への査定依頼のデメリット1:手間がかかる

買取方式はディーラーとは別に買取業者と交渉する必要があるため、単純に比べると手間は増えます。さらに相手にする買取業者は1社とは限らず、複数社に査定を依頼し、その中で一番高い買取額を提示した業者に売却する場合もあります。その際には各社とのやり取りや個別の査定が発生するので、必然的に時間はかかります。また売りと買いのタイミングをちゃんと合わせないと、車に乗れない期間や、2台を保管しないといけない期間が発生する可能性もあります。

専門店への査定依頼のデメリット2:状態によっては買い取ってもらえない可能性がある

先にも触れたとおり、買い取ってくれる車両はあくまで一定以上の市場価値がついた車になります。状態が悪い事故車や過走行車だと、引き取ってくれない場合もあります。もっともこれは業者の考え方次第なので、一概にどうということはできません。が、少なくともディーラー下取りを利用する前に、市場価格を一度調べる価値はありそうです。下取りでは値段がつかない車でも、買取業者であれば若干の金額で買い取ってくれる可能性が高くなります。

ディーラー下取り、中古車買取専門店への査定依頼、どっちがお得なの?

ディーラーの下取りって本当に高く売れるの?

結論として、ディーラー下取り、買取方式それぞれにメリットとデメリットがあります。お得感でいうと金額ベースの話になってしまいがちですが、かかる時間や満足度など、総合的に判断する必要があります。車の買い替えは緊急を有する場合もあれば、反対に気長に待てる場合もあるので、その時々に合わせて良い方法を選ぶのが良さそうです。

ディーラー下取りのメリット

・商談に手間・時間がかからない

・どんな車でも引き取ってくれる可能性が高い

・前の車の売却、次の車の購入のタイミングが合わせやすい(乗り換えの場合)

ディーラー下取りのデメリット

・下取り額が安くなる

・カスタムカーや他社メーカー車、状態の悪い車の評価は低くなる

中古車買取専門店への査定依頼のメリット

・高く買い取ってもらえる可能性が高い

・カスタムカー、輸入車、希少車だと価値が上がる場合もある

中古車買取専門店への査定依頼のデメリット

・ディーラー下取りよりも手間がかかる

・状態によっては買い取ってもらえない

あなたの愛車を最高額で売るために

売りたい価格で車を売れる、新感覚の車買取サービス“Ullo”!出品はフリマ形式で、最短50秒で可能です。

Ulloで車を売る3つのメリット

自分で値段を決められるので、納得感が段違い。

中間業者を挟まないから、高価買取が期待できる。

電話営業がないから安心。


>簡単入力で愛車の買取相場をチェックしてみる

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!